梅ヶ丘病院跡地利用ニュース(第3号)

最終更新日 平成30年2月5日

ページ番号 129747

梅ヶ丘拠点整備プラン(案)を作成しました

平成25年6月28日から7月25日までに実施しました「梅ヶ丘拠点整備プラン(素案)」に対する区民意見提出手続(パブリックコメント)、また、平成25年7月13日と17日の2日間(計3回)の説明会において、区民の皆様から大変多くのご意見、ご提案をいただきました。皆様からのご意見、ご提案、また、平成25年5月と8月に開催した「梅ヶ丘拠点整備プラン作成に係る有識者会議」におけるご助言などを踏まえて、このたび、「梅ヶ丘拠点整備プラン(案)」を作成しました。

土地利用における施設配置の基本的な考え方をまとめました

パブリックコメントにおける皆様のご意見等を踏まえるとともに、法令等の各種条件や課題の整理と検討を重ね、建物等の配置計画案をまとめるとともに、公園、防災・交流広場の配置、回遊動線、車輌動線等の考え方について、より明確にしました。

建物等の配置計画案を示した図

整備する機能・施設について

区複合棟、民間施設棟に整備する機能・施設は次のとおりです。

区複合棟

  • 保健センター
  • 認知症在宅生活サポートセンター
  • 福祉人材育成・研修センター
  • 初期救急診療所(小児科・内科)・薬局
  • 世田谷区医療救護本部

民間施設棟

高齢者支援施設

  • 介護老人保健施設(短期入所療養介護含む)
  • 通所リハビリテーション
  • 訪問看護
  • 療養通所介護
  • 事業者提案の機能

障害者支援施設

  • 施設入所支援施設(地域生活支援型)
  • ショートステイ
  • 障害児通所支援
  • 基幹相談支援センター
  • 相談支援事業所
  • 事業者提案の機能

(参考)素案に対する主なご意見、ご提案

パブリックコメントでは266件のご意見、ご提案が寄せられました。梅ヶ丘病院跡地周辺の住環境等に関連する主なご意見、ご提案は以下のとおりです。

  • 赤堤通りは狭く、自転車の往来も激しいため危険である。道路と拠点施設を一体に整備し、自転車と歩行者を分離するなどの工夫をしてほしい
  • 敷地の北・東・西側からの景観やアクセス、環境(日照、圧迫感)、防犯等に十分配慮した建物配置としてもらいたい
  • オープンスペースは、羽根木公園からの延長線上での緑地として整備することが望ましい
  • 災害対策として非常用電源や備蓄倉庫、トイレ、井戸の整備が必要
  • 地域の商店街の活性化につながるような位置付けとともに、明大前や東松原駅からの徒歩利用者のアプローチを含めるべき
  • オープンスペース等を活用し、区民の憩いの場としてレストランやオープンカフェ、花屋などがあるとよい。

今後の予定

  • 平成25年度 「 整備プランの策定と公表(12月予定)」「民間施設棟の事業実施方針公表・事業者との対話」
  • 平成26年度 「土地開発公社により跡地を先行買収」「基盤整備及び区複合棟の設計者公募、審査、決定」「民間施設棟の事業者公募、審査、決定」
  • 平成26年度から平成28年度まで 「基盤整備及び設計(基本設計、実施設計)」
  • 平成28年度まで 「起債等を活用し用地を買戻し」
  • 平成29年度から平成30年度まで 「基盤整備及び区複合棟・民間施設棟の工事」
  • 平成31年度 「開設」

梅ヶ丘拠点整備プラン(案)の全文及び、パブリックコメントで寄せられたご意見・ご提案と区の考え方については、梅ヶ丘拠点整備担当課、出張所、まちづくりセンター、図書館、区政情報センター(世田谷区民会館内)、総合支所区政情報コーナー、または下記関連リンクでご覧いただけます。

添付ファイル添付ファイルの閲覧方法

関連リンク

このページについてのお問い合わせ先

梅ヶ丘拠点整備担当部 梅ヶ丘拠点整備担当課

電話番号 03-5432-2939

ファクシミリ 03-5432-3017