【ゼミナール:経済コース】(2021年度世田谷市民大学)

最終更新日 令和3年2月1日

ページ番号 130829

日程 (前・後期各12回)

前期 4月9日~6月25日

後期 9月10日~11月26日

毎週金曜日

経済の持続可能性【現在募集中です】

講師 浅子 和美(立正大学教授)

午後1時30分~午後3時30分

世界を見渡すに、現在の市場状態や制度的枠組みが将来にわたって維持され得るかとの持続可能性(sustainability)が、経済政策の喫緊の課題となった国が増えている。2015年に開催された150を超える加盟国首脳が参加した国連持続可能な開発サミットにおいて、持続可能な開発目標(SDGs)が採択されたのには、そのような各国事情が背景にある。地球温暖化、大型台風や大旱魃・山火事といった世界での異常気象の頻発も、経済の持続可能性への懸念と将来の生活不安の高まりの流れに棹さしている。加えて、2019-20年にかけての新型コロナウィルス感染症のパンデミックによって、急激に世界経済の持続可能性への関心が高まった。

本ゼミはもとより持続可能な開発目標すべてを対象とするわけではないが、とりわけ経済学の本流としても研究対象となってきた(1)環境と経済成長、(2)財政赤字、(3)年金、(4)資産価格のバブル、およびそれらの周辺の諸問題をめぐって、持続的成長との関連で検討する。まとまった特定のテキストはないが、毎回参考資料を配布する。

(注意)
講義日は、都合により変更になる場合があります。
講師の肩書きは、2020年12月1日時点のものです。
講座の概要は、担当講師の執筆によるものです。

関連リンク

このページについてのお問い合わせ先

市民大学・生涯大学事務局

電話番号 03-3412-3071

ファクシミリ 03-3412-3075

このページについてお気づきの点がありましたら、下記までご連絡ください。
〔市民活動・生涯現役推進課 電話番号 03-6304-3176 ファクシミリ 03-6304-3597〕