「大迫傑選手がやって来る!陸上クリニックinSETAGAYA」を開催いたしました

最終更新日 平成30年11月25日

ページ番号 163405

【講演の様子】

講演の様子(1)
講演の様子(2)

【トレーニング指導の様子】

トレーニング指導の様子(1)
トレーニング指導の様子(2)

第41回シカゴ・マラソンで日本新記録を樹立、第3位と活躍した大迫傑選手を講師に迎えた「大迫傑選手がやって来る!陸上クリニック in SETAGAYA」を、10月28日(日曜日)に区立三宿中学校で開催いたしました。日頃アメリカを拠点に練習・活動されている大迫選手が、東京2020大会のアメリカ合衆国選手団のキャンプ地であり、ホストタウンとしても登録されている世田谷区で、中・高校生に向けた講演とトレーニング指導を行いました。

大迫 傑(おおさこ すぐる)選手略歴

中学時代に陸上競技を始め、長野県の佐久長聖高校に進学。高校2年の時に全国高校駅伝の最終7区で区間賞を獲得し、チームの優勝に貢献。その後、早稲田大学に進学し、箱根駅伝で2回の区間賞を獲得。平成25年モスクワ世界選手権で10,000メートル代表に選出。卒業後、日清食品グループ入社。平成27年元日のニューイヤー駅伝で1区の区間賞を獲得。同社を3月に退職し、アメリカでナイキ・オレゴン・プロジェクトにアジア人史上初の正式加入。

現在、3,000メートル、5,000メートルの日本記録保持者。平成30年10月に行われたシカゴ・マラソンで2時間5分50秒の日本新記録を樹立。

実施内容

大迫傑選手及び五味宏生コンディショニングトレーナーによるトーク及び、陸上トレーニングを実施。

  1. トーク及び質問コーナー 体育館

五味トレーナーがMCとなり、大迫選手の中学校、高校時代の経験を中心としたトーク及び参加した生徒からの質問コーナーを実施。

中・高校生が熱心にメモを取る姿勢や、憧れの大迫選手への質問に緊張している様子が見られました。

  1. 陸上トレーニング指導 校庭

五味トレーナーの説明に基づき、大迫選手が手本を見せ、参加した生徒がそのトレーニングを実施。

中・高校生は大迫選手と一緒にトレーニングできることに胸を躍らせており、大迫選手が実際に走る姿には感銘を受けていました。

参加者

合計 130名

区立中学生 15名

都立高校生 115名

共催・協力

共催 世田谷区教育委員会、株式会社アミューズ

協力 世田谷区スポーツ振興財団、株式会社スポーツニッポン新聞社

このページについてのお問い合わせ先

スポーツ推進部 スポーツ推進課

電話番号 03-5432-2742

ファクシミリ 03-5432-3080