せたがや元気出せArtsプログラム2021「文化・芸術活動継続支援事業」の募集について

最終更新日 令和3年10月4日

ページ番号 193386

文化・芸術活動の再開・継続を支援します!

ロゴ

せたがや元気出せArtsプログラム2021「文化・芸術活動継続支援事業」

区内のアーティストや文化・芸術団体の主体的・積極的な文化・芸術活動の再開・継続を後押しするため、公演・展示等の文化・芸術事業にかかる経費を一部補助します。
詳しくは、「PDFファイルを開きます募集要領」「PDFファイルを開きますよくある質問」をご覧ください。

募集概要

1.対象者

平成31年4月1日以降に2回以上、不特定多数の観客を対象に、対価(入場料・観覧料等)を得て公演や展覧会等の文化・芸術活動を主体的に実施した実績がある個人または、団体を対象とする。

(1) 個人の要件

申請時点で区内に住民登録をしていること。

(2) 団体の要件

団体としての公演等の主催の実績のある文化・芸術団体で、以下の要件を満たすこと。

ア) 団体の意思を決定し、執行する組織が確立していること。

イ) 自ら経理し、監査する等の会計組織を有すること。

ウ) 団体の事務所や所在地が世田谷区に存在すること。

エ)定款又はこれに準ずる規約、会則等を有すること。
(上記ア~ウが明記されていること。)

2.対象事業

申請者自らが主催者となり、不特定多数を対象に実施する文化・芸術事業(音楽、演劇、舞踊、美術、映像または伝統芸能等)で、次の要件を全て満たしていることが必要です。

(1)令和3年9月から令和4年2月末までに区内で実施される事業または、オンラインで実施される事業であること。なお、オンラインの場合は、区内にある利用料金が明示されている施設を会場として行うライブ配信または収録配信であること。

(2)来場者または視聴者から入場料を徴収すること。(有料公演・展示、有料配信)

(3)国や東京都等の指針を遵守し、3密(密閉・密集・密接)対策やアルコール消毒、マスク着用、検温等、新型コロナウイルス感染症感染防止対策を講じたうえで実施する事業であること。

(4)広く区民等に周知され、区民等の鑑賞または参加の機会が提供されること。

3.補助金額

1事業あたり、上限30万円。(補助対象経費の4月5日)

募集期間

令和3年10月4日(月曜日)から10月15日(金曜日)まで。

申請方法

「東京電子共同電子申請・届出サービス」の電子申請サービスを利用して、インターネットから申請を受け付けます。

【電子申請はこちらから】電子申請システムへ進む新しいウインドウが開きます

※募集要領をよくご確認のうえ申請してください。

提出書類

番号

申請書類一覧

1

  • 世田谷区文化・芸術活動継続支援事業補助金申請書(第1号様式)
  • 団体(個人)の略歴及び実績
  • 事業計画書
  • 収支計画書

※様式は、ページ下の添付ファイルに掲載しています。

「第1号様式 交付申請書」に様式をすべてまとめています。

2

【個人で申請の時】

住民登録を証する書類(住民票(写し可)、免許証等)

※住民票の場合は発行日が申請日の3か月以内であること。

※運転免許証の場合は裏面も添付すること。

【団体で申請の時】

「対象者の(2)団体の要件」を満たす定款又はこれに準ずる規約、会則等

3

「団体(個人)の略歴及び実績」の活動実績に記載した、平成31年4月1日以降に不特定多数の観客を対象に、対価(入場料・観覧料等)を得て実施された公演や展覧会等の資料(2事業以上提出してください。)

例:事業日時や内容が分かるプログラム、チラシ等。WEB上での告知記事等は、画面のスクリーンショットを添付すること。

※チラシ等に申請者・申請団体の名前等が記載されていて、事業と申請者・申請団体の関係が明らかになっていることが必要です。

添付ファイル

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。お持ちでない方は、Adobe社のサイトからダウンロードしてください。

関連リンク

このページについてのお問い合わせ先

生活文化政策部 文化・芸術振興課

電話番号 03-6304-3427

ファクシミリ 03-6304-3710