―せたがや元気出せArtsプログラム―アーティスト支援事業について(9月15日8時30分更新)

最終更新日 令和2年9月15日

ページ番号 187561

アーティストの文化・芸術活動の継続を支援するアーティスト支援事業を実施します!

新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、活動を自粛・縮小せざるを得ないプロフェッショナルとして文化・芸術活動に携わるアーティスト等を対象に、発表の場を提供し、文化・芸術活動の継続を支援します。詳しくは募集要領をご覧ください。

※本事業では、皆様からいただいた寄附(世田谷区文化振興基金)を活用し、アーティストを支援します。ぜひ、基金への寄附に、ご協力をよろしくお願いいたします。
 文化振興基金に興味を持っていただいた方はこちらをご覧ください。

1.募集概要

(1)企画A/区立施設における発表企画

世田谷美術館・講堂及び北沢タウンホールにて撮影可能な10分程度の動画企画を募集します。選考を通過したアーティストに方々を対象に、企画に基づいた動画作品を区立施設にて撮影します。撮影された動画作品は、YouTube等で配信します。

(2)企画B/オンライン発表企画

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に留意しつつ制作する5分程度の動画企画を募集します。選考を通過した場合、企画に基づいた動画作品を応募者ご自身で制作していただき、区に提出していただきます。提出された動画作品はYouTube等で配信します。

応募要件

以下の要件をすべて満たす個人またはグループ

  • 区内在住者であること。グループの場合は、代表者が区内在住者であること。
  • 過去1年以上継続して、文化芸術家として活動を行っている、かつ、主に文化・芸術活動を生業としていること。
  • 暴力団(世田谷区暴力団排除活動推進条例(平成24年12月世田谷区条例第55号)第2条第1号に規定する暴力団をいう。以下同じ。)又は暴力団若しくはその構成員(暴力団の構成団体の構成員を含む。)の統制下にある者でないこと。

※企画Bのみ、令和2年4月1日現在で40歳未満であること。

2.支援内容

アーティスト1人あたりに対して補助金10万円をお支払いします。グループで申請する場合は、30万円(3名)を上限にお支払いします。

3.募集人数

上限100名(各企画、上限50名)※予算の範囲内で決定します。

4.募集期間

令和2年9月15日(火曜日)~令和2年9月25日(金曜日)

※募集期間内でも応募状況により募集を途中で締め切る場合があります。

※応募状況によっては、本日中に締め切る場合があります。募集の締め切りについては、
  
本ページにてご案内します。募集締め切り後、申請書類の受付は行いません。
  あらかじめご了承ください。

5.応募方法

必ず募集要領をご確認いただき、募集期間内に提出書類一式をすべて電子データでメールで提出してください。

【提出先】artist-yell@setagaya-ac.net

※メール受信後、送信アドレスに対しメールを受信した旨、通知いたします。

※新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、窓口に直接お越しいただくことはご遠慮ください。

※提出書類に不備があった場合、審査対象外となります。

6.募集要領・FAQ・申請書類様式

(1)PDFファイルを開きます募集要領

  PDFファイルを開きます別紙「会場図面及び附帯設備」(企画Aのみ)

(2)PDFファイルを開きますFAQ(よくある質問)

(3)エクセルファイルを開きます申請書類一式

  (ア)申請書

  (イ)誓約書

  (ウ)経歴書

  (エ)企画書※企画A・企画Bで様式が異なります。

  (オ)過去1年間の活動実績を示す資料(様式自由)

    (例)契約書、領収書の写し、出演した公演のパンフレットなど(提出できる範囲で)

(4)PDFファイルを開きます申請書類記入例

7.問合せ先

 〒156-0043 世田谷区松原6-3-5 梅丘分庁舎3階

  せたがやアーティスト支援事業事務局(世田谷区文化・芸術振興課)

  電話:03-6304-3427 ファクシミリ:03-6304-3710

※問合せは午前9時から午後5時まで(平日のみ)

添付ファイル

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。お持ちでない方は、Adobe社のサイトからダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ先

生活文化政策部 文化・芸術振興課

電話番号 03-6304-3427

ファクシミリ 03-6304-3710