第5回世田谷区芸術アワード“飛翔”受賞者

最終更新日 平成28年12月9日

ページ番号 149784

募集ポスター
募集ポスター

将来にわたって文化・芸術活動を継続的に展開していく意思・意欲のある個人またはグループで、15歳以上35歳以下(舞台芸術部門にあっては、15歳以上40歳以下)を対象とした、第5回世田谷区芸術アワード“飛翔”の公募が平成28年5月18日~9月9日の間に行われ、生活デザイン部門4件、舞台芸術部門10件、音楽部門4件、美術部門22件、文学部門3件、計43件の応募がありました。これを受けて公益財団法人せたがや文化財団各事業部及び外部審査員による一次審査(書類等による審査)が実施され、その後の「世田谷区芸術アワード“飛翔”本審査会」にて、下記のとおり受賞者が決定しました。 

生活デザイン部門

吉川 美鈴+川上 恭輔(よしかわ みすず + かわかみ きょうすけ)

代表者 吉川 美鈴(よしかわ みすず)。mxa(えむのえ)一級建築士事務所代表。世田谷区に事務所をかまえ、住宅や店舗、事務所など幅広く従事。
メンバー 川上 恭輔とともに、建築設計のほか、まちづくりやワークショップなどの企画や運営を行う。

舞台芸術部門

to R mansion(トゥーアール マンション)

代表者 野崎 夏世(のざき かよ)。平成19年結成。パントマイムをベースとしたパフォーマンスユニット。全国の学校を訪問し、生徒参加型の上演で、舞台芸術に親しみをもつ機会を創出している。日本での劇場公演のほかに、海外での招聘ツアーも行う。

美術部門

青木 亨平(あおき きょうへい)

東京藝術大学大学院修士課程鋳金専攻修了。東京藝術大学・安宅賞受賞(平成21年)。平成21年より展覧会に出品。

古田 和子(ふるた かずこ)

東北芸術工科大学大学院日本画領域修了。平成26年より個展やグループ展を開催。

音楽部門・文学部門

該当者なし

受賞者はいずれも20代~30代の将来有望でフレッシュな才能が選ばれました。2017年度(平成29年度)の作品発表に向けて、今後、世田谷区とせたがや文化財団が受賞者の創作活動を支援していきます。

アワードの概要は「世田谷区芸術アワード“飛翔”」をご覧下さい。

添付ファイル

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。お持ちでない方は、Adobe社のサイトからダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ先

生活文化部 文化・芸術振興課

電話番号 03-5432-2124

ファクシミリ 03-5432-3005