普通救命講習会を開催しました(梅丘地区)

最終更新日 令和2年2月18日

ページ番号 184673

普通救命講習会を開催しました(梅丘地区)

令和2年2月18日(火曜日)、梅丘まちづくりセンターの活動フロアーにて、普通救命講習会を開催しました。幅広い世代から男女ともに多くの参加があり、関心の高さが伺えました。

東京防災救急協会、世田谷消防署より講師の方をお招きし、実技を交えた講習を行いました。特に実技の心肺蘇生法は、本番をイメージしたとても有意義なものとなりました。

その中でも、応急手当を行ったときの生存確率が大幅に上がるため、現場に立ち会ったら、迷わずにその方に応急手当を行ってほしいという言葉が印象に強く残っています。

119番通報から救急車が到着するまでは、全国で平均8分~9分かかると言われています。かけがえのない命を救うためにはこの時間に処置を行ったかで、生存確率にかなりの影響を与えます。かけがえのない命を救うためにも、応急手当を身につけた方が地域に広がっていくことを目標に、今後も普通救命講習会を続けていきます。

参加者の様子
参加者の様子
参加者の様子2
心肺蘇生の様子

主催 梅丘地区身近なまちづくり推進協議会安全部会

関連リンク

このページについてのお問い合わせ先

北沢総合支所 梅丘まちづくりセンター

電話番号 03-3428-6171

ファクシミリ 03-5477-7923