梅丘地区防災塾を開催しました(梅丘地区)

最終更新日 平成30年11月22日

ページ番号 163105

平成30年11月17日(土曜日)午前10時から正午まで、梅丘地区会館2階会議室において、梅丘地区防災塾を開催いたしました。

防災塾は、東日本大震災を契機とした区民の自助・共助の意識の高まりを受け、更なる防災意識の普及啓発を目的として区が行っている事業です。平成26年度から、まちづくりセンター全27か所で開催しています。 

平成30年度は「この町の資源を探そう」をテーマに、まち歩きを実施しました。今回のまち歩きは、123をポイントにまち歩きしました。

後半では、前年の防災塾から今年の防災塾までの各町会自治会の取り組み結果を報告し、各町会自治会が持っている課題について議論しました。

まち歩きのポイント 

  1. 危険な場所だけでなく、役に立つ場所や施設、新しい活用・連携方法を考えたい場所なども探してみる。
  2. 多様な視点でまちを見てまちの強みを探してみる。(例えば車椅子だったら、赤ちゃんがいたら)
  3. 災害時の避難経路の確認。
まち歩き結果作成
まち歩き結果を会議中
各グループ発表
各グループ発表

このページについてのお問い合わせ先

北沢総合支所 梅丘まちづくりセンター

電話番号 03-3428-6171

ファクシミリ 03-5477-7923