普通救命講習会を実施しました(烏山地区)

最終更新日 平成29年3月15日

ページ番号 129609

普通救命講習会を実施しました

平成26年11月12日(水曜日)と20日(木曜日)の2日間、烏山地区町会・自治会連合会では、町会・自治会員を対象とした普通救命講習会を実施しました。この講習会は、非常時や災害時に

心肺蘇生
胸骨圧迫(心臓マッサージ)
止血法
止血法

互いに助け合えるまちづくりを目的に、毎年11月、成城消防署烏山出張所を会場として行っています。

今年の普通救命講習会には、二日間合わせて30名弱の方にご参加いただきました。講習では、心肺蘇生法、AEDの使用法、止血法など、東京防災救急協会の方を講師に約3時間ほど学びました。誰かが倒れているとき、救急隊が来るまで放置せずに、心肺蘇生やAEDの使用をすることで、傷病者が助かる可能性は高くなるそうです。講習中は参加者の皆さんから積極的に質問が出るなど、講習会は盛況となりました。参加者へは終了後、救命技能認定証が送付されました。

町会・自治会員を対象とした講習のため、講習のお知らせは、各町会・自治会での回覧板を活用させていただきました。町会・自治会への加入については、世田谷区の町会・自治会をご覧ください。

このページについてのお問い合わせ先

烏山総合支所 烏山まちづくりセンター

電話番号 03-3300-5420

ファクシミリ 03-5384-7197