認知症在宅生活サポートセンター開設記念講演会「認知症になってからも希望の持てる社会へ」

最終更新日 令和2年7月15日

ページ番号 186666

イベント名認知症になってからも希望の持てる社会へ~世田谷区での取組み~
日程令和2年9月4日(金曜日)
時間午後2時~午後4時(午後1時45分受付開始)
会場保健医療福祉総合プラザ1階 研修室C (松原6丁目37番10号)

参加の際の注意点(新型コロナウイルス感染症対策)

新型コロナウイルス感染症予防のため、必ずマスク着用のうえでのご参加をお願いします。

また、新型コロナウイルス感染症の影響により、定員を削減または本講演会を延期もしくは中止となる可能性があります。その場合は、このページでお知らせします。

内容

高齢化が進む日本において増加している認知症ですが、最新研究で明らかになってきたのは、たとえ認知症になってからも、その人らしい生活や社会性が維持され、住み慣れた自宅や地域のよい環境で暮らし続けることが、症状の軽減や進行の抑制につながるということでした。

今回の講演会では、世田谷区における様々な認知症への取組みを紹介しつつ、認知症になってからも希望の持てる社会やまちづくりについて、皆様と一緒に考えたいと思います。

※「世田谷区認知症在宅生活サポートセンター」とは、認知症の早期対応体制の確立や、医療と福祉の連携推進、医療・介護の専門職の実務的な支援能力の向上、家族支援の充実等、区における認知症ケアモデルの構築を進めていくための、専門的かつ中核的な全区の拠点としての役割を担います。

講師

  • 遠矢 純一郎 氏 (世田谷区認知症在宅生活サポートセンター 医師) 

対象・定員

  • 世田谷区内に在住・在勤・在学の方 先着50名

費用・持ち物

  • 費用 無料
  • 持ち物 筆記用具

申し込み

令和2年7月15日(水曜日)から9月2日(水曜日)まで、せたがやコールにて受け付けます。

せたがやコール 電話番号 03-5432-3333 ファクシミリ 03-5432-3100

ご利用時間 午前8時~午後9時(年中無休)

せたがやコール締め切り後でも、定員に達していなければ当日まで申し込みを受け付けます。

その場合は世田谷区認知症在宅生活サポートセンター(電話番号 03-6379-4315 ファクシミリ 03-6379-4316)までご連絡ください。

お問い合わせ先

世田谷区認知症在宅生活サポートセンター

電話番号 03-6379-4315

ファクシミリ 03-6379-4316

窓口開設時間:月~金曜日 午前8時30分~午後5時(祝日、12月29日~1月3日を除く)

開催日カレンダー

令和2年 9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
             

添付ファイル

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。お持ちでない方は、Adobe社のサイトからダウンロードしてください。

関連リンク

このページについてのお問い合わせ先

上記お問い合わせ先参照

電話番号 上記お問い合わせ先参照

ファクシミリ 上記お問い合わせ先参照

このページは介護予防・地域支援課(電話03-5432-2954 ファクシミリ03-5432-3085)が作成しました。