世田谷フィル第54回定期演奏会シニア等鑑賞者募集

最終更新日 令和元年9月15日

ページ番号 181495

イベント名世田谷フィル第54回定期演奏会シニア等鑑賞者募集
日程令和元年10月20日(日曜日)
時間午後2時開演(午後1時15分開場)
会場昭和女子大学人見記念講堂

世田谷フィル 第54回定期演奏会

1

ドヴォルザーク

序曲「自然の中で」

チェロ協奏曲 ロ短調※

交響曲第8番 ト長調

指揮 新通 英洋

チェロ※ 宮澤 等

曲目のご案内

今回は、世田谷フィル音楽監督、新通英洋さんの指揮で、チェコの国民的作曲家、アントニン・ドヴォルザーク(1841年から1904年)の作品を三つお聴きいただきます。初めは演奏会用序曲の三部作「自然と人生と愛」の冒頭の一曲「自然の中で」。ボヘミアの自然を思い浮かばせる美しい曲です。次は、あらゆる協奏曲の中でも際立った名作「チェロ協奏曲」。ソロは当団トレーナーの宮澤等さんです。そして最後は、「新世界」に並ぶ傑作「交響曲第8番」。ドヴォルザーク48歳の夏から秋にかけて、豊かな自然に包まれた山荘で作曲されました。冒頭、憂愁をたたえた、息の長いチェロの序奏が印象的です。

主催:世田谷フィルハーモニー管弦楽団

後援:世田谷区・世田谷区教育委員会

協力:公益財団法人せたがや文化財団 音楽事業部

新通 英洋(しんどおり ひでひろ)指揮

2

桐朋学園、モスクワ音楽院において指揮を学ぶ。秋山和慶、小澤征爾、尾高忠明、黒岩英臣、高階正光、L.ニコライエフ、V.シナイスキーの各氏に師事。英国ロイヤルオペラハウス、イングリッシュ・ナショナルオペラ、BBCウェールズ交響楽団等のリハーサルで研鑽。第5回フィテルベルク国際指揮者コンクールにおいて第2位ならびに特別賞受賞。ワルシャワでシンフォニア・ヴァルソヴィアを指揮してヨーロッパ・デビュー。E.モギレフスキー、G.シャハム、佐々木典子、高橋多佳子各氏をはじめとする多くのソリストと共演。これまでに大阪フィル、九州響、群馬響、札幌響、東京響、東京シティ・フィル、東京フィル、名古屋フィル、日本フィル、読売日響、ポーランド国立シレジア・フィル等を指揮。2015年からロイヤルバンコク交響楽団に客演を続け、絶賛されている。台湾、香港、アメリカ、日本の医師たちによって結成された第1回アジアン・ドクターズ・オーケストラ日本公演に参画し、音楽による社会福祉活動にも力を注いでいる。オペラでは「後宮からの逃走」「フィガロの結婚」「ドン・ジョヴァンニ」「ラ・ボエーム」等を指揮。大阪音楽大学特任教授。

宮澤 等(みやざわ ひとし)チェロ

3

国立音楽大学卒業。1992年、オランダ・オルランドフェスティバルマスターコース合格、G.クルターク氏に師事。1994年、レンク国際音楽祭(スイス)においてファイナル・コンサートに出演。2001年、2002年、ルーマニア国立ブラショフ・フィルハーモニーより招聘され各都市で演奏、また、国立クライヨーバ音楽院にてマスターコースを行う。2007年、ニューヨーク公演。2008年、2009年、2010年と中国、北京大学で公演など、ソロ、室内楽奏者として活躍するかたわら、電気通信大学管弦楽団や長野市交響楽団、ANA(全日空)フィルなどの定期演奏会を指揮。また、メセナジュニアオーケストラ、西東京ジュニア・ユースオーケストラなどの指揮者として青少年の音楽育成に努めている。現在、モーツァルト・ヴィルトゥオーゾ祝祭管弦楽団首席チェロ奏者、黒沼ユリ子ピアノ三重奏団メンバー、佐藤慶子弦楽四重奏団メンバー、白百合女子大学アンサンブル・リスブラン常任指揮者、国立音楽大学附属音楽高等学校講師。

シニア等鑑賞者募集

対象

  • 区内在住または在勤で60歳以上の方
  • 東日本大震災で被災された方(年齢問わず)
  • 抽選100組200名

申込方法

往復ハガキに

  1. 行事名(世田谷フィル第54回定期演奏会シニア等鑑賞者募集)
  2. ご自宅の住所
  3. 氏名(ふりがな)
  4. 年齢
  5. 電話またはファックス番号
  6. 返信用にご自宅の住所、氏名

をご記入の上、『〒154-8504 世田谷区世田谷4-21-27 世田谷区生活文化部文化・芸術振興課』までお送りください。

【申込締切】 令和元年9月30日(必着)まで

お問合せ

世田谷区お問合せセンター「せたがやコール」 03-5432-3333

世田谷フィルハーモニー管弦楽団事務局  080-4335-3518 鈴木

世田谷フィルウェブサイト  http://setagaya-phil.net

世田谷フィルハーモニー管弦楽団

世田谷フィルハーモニー管弦楽団は、作曲家、故芥川也寸志氏の「世田谷区民によるアマチュアオーケストラを」という呼びかけに応えて、1989年3月、さまざまな職業の音楽愛好家によって結成された。世田谷区の厚い支援を受け、同年12月に「せたがや区民による第九コンサート」で初演奏を披露。その後は、毎年2回の定期演奏会を開催するほか、世田谷区民合唱団とともに「せたがや名曲コンサート」にも出演。また、ヴェルディ「椿姫」やプッチーニ「ラ・ボエーム」、チャイコフスキー「くるみ割り人形」など、オペラやバレエにも挑んでいる。近年採り上げた主な曲目は以下の通り。バルトーク「管弦楽のための協奏曲」、ブラームス「ヴァイオリン協奏曲」、リムスキー=コルサコフ「交響組曲(シェエラザード)」、モーツァルト「レクイエム」、武満徹「弦楽のためのレクイエム」など。

団員募集

私たちといっしょに演奏しませんか?

世田谷フィルハーモニー管弦楽団では、ただいま団員を募集しています。ヴァイオリン、コントラバス、オーボエ、ファゴット、打楽器のオーケストラ経験者は、とくに歓迎します。それ以外のパートの事情については、世田谷フィルのウェブサイト(http://setagaya-phil.net)からお問合せください。入団ご希望の方は、上記の世田谷フィルのウェブサイトからお申し込みください。電話でのお問合せは、世田谷フィル事務局(080-4335-3518)までお願いします。

これからの演奏会

せたがや名曲コンサート

日時:令和2年2月23日(日曜日)午後2時開演

会場:昭和女子大学人見記念講堂

曲目:ベートーヴェン 序曲「コリオラン」、交響曲第9番「合唱付き」

指揮:石川 星太郎  合唱:世田谷区民合唱団

世田谷フィル第55回定期演奏会

日時:令和2年6月28日(日曜日)午後2時開演

会場:昭和女子大学人見記念講堂

曲目:マーラー 交響曲第9番 ほか

指揮:黒岩 英臣

開催日カレンダー

令和元年 10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
             

添付ファイル

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。お持ちでない方は、Adobe社のサイトからダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ先

生活文化部 文化・芸術振興課

電話番号 03-5432-2124

ファクシミリ 03-5432-3005