【世田谷文学館】原田治 展 「かわいい」の発見

最終更新日 令和元年7月6日

ページ番号 180223

イベント名【世田谷文学館】原田治 展 「かわいい」の発見
日程令和元年7月13日(土曜日)から年9月23日(月曜日・祝日)
休館日:毎週月曜日(ただし月曜が祝日の場合は開館し、翌平日休館)
時間午前10時から午後6時まで(展覧会入場、ミュージアムショップは午後5時30分まで)
会場世田谷文学館 (東京都世田谷区南烏山1丁目10番10号)

1

OSAMU GOODSよ永遠に

1970年代後半から90年代にかけて、女子中高生を中心に爆発的な人気を博した「OSAMU GOODS(オサムグッズ)」の生みの親、原田治(1946年から2016年)。
 50から60年代のアメリカのコミックやテレビアニメ、ポップアートなどから影響を受けたイラストレーション―とりわけ、簡潔な描線と爽やかな色彩で描かれたキャラクターたちは、その後の日本の“かわいい”文化に多大な影響を与えました。
 没後初の全国巡回展となる本展では、イラストレーターとして活動する端緒となった、1970年代「an・an」の仕事をはじめとして、広告・出版・各種グッズなど多分野にわたる作品を中心に、幼少期から20代前半の初期資料や、エッセイ集「ぼくの美術帖」関連資料も交えて展示し、時代を超えて愛される、原田治の全貌に迫ります。

2

原田治(1946年から2016年)東京生まれ。多摩美術大学デザイン科卒業。1970年、当時創刊された「an・an」でイラストレーターとしてデビュー。1976年、「マザーグース」を題材にしたオリジナルのキャラクターグッズ、「OSAMU GOODS」の制作を開始、女子中高生の間で大人気となる。1984年、ミスタードーナツのプレミアム(景品)にイラストを提供、以降シリーズ化され一世を風靡する。1997年、イラストレーターを養成する「パレットクラブスクール」を、生まれ育った築地に開設。主な著書に「ぼくの美術帖」他。

主催:公益財団法人せたがや文化財団 世田谷文学館

協力:コージー本舗、コスモマーチャンダイズィング、トムズボックス、パレットクラブ

企画協力:渋谷出版企画

後援:世田谷区、世田谷区教育委員会

会場設計:五十嵐瑠衣

アートディレクション:服部一成

託児サービス(事前申込制・有料)令和元年8月25日(日曜日)、9月14日(土曜日)
  午後2時から午後5時まで。

申込・問合せ先:イベント託児 マザーズ 電話0120-788-222
  (平日午前10時から正午まで、午後1時から午後5時まで)

関連イベント (会場:文学館1階文学サロン)

1 ポップアップストア 

令和元年7月20日(土曜日)、7月28日(日曜日) 午前11時から午後5時まで
 オサムグッズコレクターの土井章史さん(トムズボックス)がコレクションをみせびらかし、トレード、ときには販売するスペシャル企画。お家にひっそり眠っているOSAMU GOODS(DUSTY MILLER製)や、秘蔵の一品がありましたら、ぜひみせびらかしにきてください。
※どなたでもご観覧いただけます。トレードならびに購入については、当日会場にておたずねください。
【参加費】無料

2 トークイベント

令和元年8月25日(日曜日) 午後3時から午後4時半まで
原田治が先輩と呼び慕った盟友、アートディレクターの新谷雅弘さんをお招きして、お話をうかがいます。安西水丸、ペーター佐藤らとともに結成したパレットクラブのことや、共著の制作秘話など、貴重なエピソードを語っていただきます。
【出演】新谷雅弘(アートディレクター)
【聞き手】信濃八太郎(イラストレーター)
【参加費】500円
【定員】先着150名
【参加方法】本イベントは事前申込制(7月13日正午よりオンラインにて受付)です。申込方法の詳細については、世田谷文学館ホームページをご覧ください。

3 活弁付き映画上映会

令和元年9月14日(土曜日) 午後3時から
原田治の祖父、映画監督の二川文太郎の代表作にして、剣戟映画の原点ともいわれる「雄呂血」(無声映画)の活弁付き上映会です。
【上映作品】「雄呂血(おろち)」1925年/阪妻プロ/約80分/サイレント 
       監督:二川文太郎 出演:阪東妻三郎ほか
【弁士】澤登翠
【参加費】1,000円 ※保護者の膝の上に座れるお子様は無料ですが、座席を必要なお子様は有料です。
【定員】先着150名(全席自由)
【参加方法】当日午後1時より会場前にて入場券を販売します。

観覧料

一般 800円 65歳以上 、高校生、大学生600円  障害者手帳をお持ちの方 400円
  中学生以下無料
※団体割引あり
※7月19日(金曜日)は65歳以上無料
※9月16日(月曜日・祝日)は60歳以上無料

同時開催コレクション展

仁木悦子の肖像  令和元年9月23日(月曜日・祝日)まで開催中

次回企画展

小松左京展(仮称) 令和元年10月12日(土曜日)から12月22日(日曜日)まで

開催日カレンダー

令和元年 7月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
             

令和元年 8月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
             

令和元年 9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
             

添付ファイル添付ファイルの閲覧方法

関連リンク

このページについてのお問い合わせ先

世田谷文学館

電話番号 03-5374-9111

ファクシミリ 03-5374-9120

このページは、文化・芸術振興課(電話5432-2124)が作成しました。