こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の魅力、問い合わせ・よくある質問

次大夫堀公園(じだゆうぼりこうえん)

更新日:平成27年11月27日

ページ番号:0014473

施設の概要

所在地東京都世田谷区喜多見5丁目27番14号
公共交通機関東急バス 小田急バス 次大夫堀公園前 下車徒歩2分
次大夫堀公園の写真
次大夫堀公園

世田谷の農村風景の典型的なイメージと昔ながらの小川を復元したのが次大夫掘公園。公園名は小泉次大夫が昔この地域の用水を確保するために作った堀の名にちなんでつけられました。
 面積は約36,000平方メートルで650メートルの水路を有し、その水路に沿って、当時の古民家や水田(1,400平方メートル)が配置されています。水路や池には、コイ・メダカ・アメンボもたくさん生息しており、コサギがきてドジョウをついばむ姿も見られます。
水田では、毎年稲作が行われ、近隣の保育園や小学生達による田植えや稲刈りが、東京中央農協の協力のもと行われています。また、多摩堤通りをトンネルで横断できるようになっており、パズルトンネル(卵から鳥が生まれてくるパズルです)と呼ばれています。
 

面積

36,567.24平方メートル

主な施設・設備

水の浄化施設

流れや水田の水は、公園の北側を流れる野川の水をくみあげ浄化して流しています。小川を流れたあとは、ふたたび野川に戻ります。浄化装置の中には、小石がたくさん詰まっていて、その間を水が通ると、小石の表面についているバクテリアが汚れを食べてくれるため、水がきれいになります。
 

民家園

次大夫堀は、江戸の初期、小泉次大夫の指導で開削された農業用水(六郷用水)の別名です。喜多見あたりでは、半ば埋められごみ捨て場のようになってしまいましたが、野川から取水して昔ながらのきれいな流れを復元しました。本物の水田をつくり、そこに江戸時代後期の古民家と土蔵、納屋、消防小屋などを移築復元したのがこの民家園です。昔の世田谷の農家の暮らしをまるごと復元しています。
電話番号03-3417-8492
 

駐車場(30台、うち障害者用1台) 

利用料金

30分100円

入場時間及び退場時間

午前9時から午後5時まで

このページについてのお問い合わせ先

砧公園管理事務所

電話番号03-3417-9575

ファクシミリ03-3417-9573

このページについてお気づきの点がありましたら、下記までご連絡ください。
[公園緑地課電話番号 03-5432-2295ファクシミリ 03-5432-3083]

トップページへ戻る

このページのトップへ