こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の魅力、問い合わせ・よくある質問

等々力渓谷公園

更新日:平成29年5月15日

ページ番号:0004247

施設の概要

所在地東京都世田谷区等々力1丁目22番、2丁目37~38番外
公共交通機関東急大井町線「等々力駅」下車徒歩3分
東急バス、都営バス「等々力」下車徒歩5分
等々力渓谷遊歩道
等々力渓谷の遊歩道
等々力渓谷の紅葉
等々力渓谷の紅葉




大井町線等々力駅近く、ゴルフ橋のたもとから階段を降りると、そこはまるで別天地の渓谷。多摩川に向かう谷沢川の流れに沿って散策路を歩むと、ついさっきまで街中にいたことがうそのような気分になってきます。等々力不動のみごとな桜、すがすがしい新緑、季節ごとに自然のすばらしさを思い出させてくれます。
 

世田谷区オフィシャルチャンネル(YouTube版)で、等々力渓谷の紹介動画を配信しています。「等々力渓谷公園~23区唯一の渓谷」(新しいウィンドウが開きます) をご覧ください。

見どころ等

ゴルフ橋日本庭園・書院横穴古墳植生地形・地質

ゴルフ橋

等々力渓谷ゴルフ橋
ゴルフ橋

大井町線の等々力駅近くの等々力渓谷の入口にある橋は、「ゴルフ橋」と呼ばれています。これは、昭和の初めに旧下野毛、等々力村に広大なゴルフ場があったことに由来しています。

日本庭園・書院

※年末年始休園(12月29日~1月3日)

日本庭園と書院
日本庭園と書院
芝生広場
芝生広場

日本庭園区域の開園時間 

  • 午前9時~午後5時(3月~10月)
  • 午前9時~午後4時30分(11月~2月)

等々力渓谷谷沢川の下流部、等々力不動尊の対岸に、昭和36年に建築された書院建物とそれをとりまく日本庭園があります。池、流れ、石畳の階段園路などがある庭は、昭和48年に著名な造園家により作庭されたもので、当時のままの姿で保存されています。園内には陽当たりのよい芝生広場があり、併せて、渓谷散歩の休憩にご利用いただけます。

横穴古墳(東京都指定史跡等々力渓谷3号横穴)

3号横穴墓
3号横穴

渓谷の左岸崖面では、古墳時代末期から奈良時代にかけて構築された横穴墓が6基以上発見されています。中でも昭和48年に発見された3号横穴は、典型的な横穴墓の形態を留めていて、埋葬人骨や副埋葬品も良好であったことから保存措置が講じられました。
 横穴墓は奥行きが13メートルで、内部はとっくりを半分に割ったような形をしています。本横穴群の被葬者たちは、いずれも副葬品が豊富なことから、後の武蔵国荏原群の等々力周辺を治めていた有力者であると推定されています。

植生

等々力渓谷の植生
等々力渓谷の植生
湧水
湧水

等々力渓谷の植生は、武蔵野台地の崖線の潜在自然植生と考えられるシラカシ群集ケヤキ亜群集であり、大径木を主体とした樹林地が渓谷の斜面に沿って連続しています。

崖線の斜面部分には、主としてシラカシやケヤキ、ムクノキが、斜面地上部や台地面にはイヌシデやコナラが多く分布しています。また、湧水が流下する緩斜面にはセキショウ草地が見られ、湧水が留まる場所には湿生植物が点在しています。

地形・地質

地層
地層

等々力渓谷は、武蔵野台地の南端に位置しており、この台地面を浸食して形成された開析谷です。渓谷沿いには武蔵野台地を特徴づける地層断面がよく観察できる箇所があります。地質の分布状況は、下から、台地の基盤である上総層群の高津互層、その上に堆積する渋谷粘土層、武蔵野れき層、武蔵野粘土層、東京軽石層、ローム層の順にほぼ水平に堆積しています。また、渋谷粘土層と武蔵野れき層の間からは、湧水が多く見られます。



地図情報

このページについてのお問い合わせ先

玉川公園管理事務所

電話番号03-3704-4972

ファクシミリ03-5706-1361

このページについてお気づきの点がありましたら、下記までご連絡ください。
[公園緑地課電話番号 03-5432-2295ファクシミリ 03-5432-3083]

トップページへ戻る

このページのトップへ