こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の魅力、問い合わせ・よくある質問

指定保養施設利用案内

更新日:平成29年7月1日

ページ番号:0038389

指定保養施設とは

区が料金の一部を助成することで世田谷区民が一般料金より安価でご利用いただける民間の施設です。

利用期間

4月1日から翌年の3月31日まで

利用資格

  • 世田谷区民
  • 原則2人以上で利用(1人利用できる施設もありますので、詳しくは各施設にお尋ね下さい。)

施設一覧(施設名をクリックすると新しいウィンドウで施設のホームページが開きます)

施設名 地域 電話番号
大子温泉 やみぞ 茨城県大子町 0295-72-1511
花の宿 松や 鬼怒川 0288-76-2381
和銅鉱泉 ゆの宿 和どう 秩父 0494-23-3611
海辺の宿 恵比寿 鴨川太海海岸 04-7092-2226
小田急箱根レイクホテル 芦ノ湖

0460-84-7611

天成園(てんせいえん)

※平成29年度新規指定

箱根湯本 0460-83-8511

まつだい芝峠温泉 雲海

新潟県十日町市 025-597-3939
ロッジ・ベアーズハウス 新潟県石打 025-783-3792
赤ちゃんペンション めーぷる 清里 0551-48-2832
古柏園 石和 055-262-5890
風のテラスKUKUNA 河口湖 0555-83-3333
双泉の宿 朱白 諏訪湖 0266-52-2660

梓水苑(しすいえん)

※平成29年度新規指定

松本 0263-78-5550

民宿 いなほ

※平成28年10月から平成29年5月まで建替のため

  休館となります。

伊豆多賀 0557-68-1131
うたゆの宿 熱海四季ホテル 熱海 0570-783-026
磯料理・海辺の湯の宿 平鶴 熱海 0557-67-2221
ニューウェルシティ湯河原 湯河原 0465-63-3721
伊東小涌園 伊東 0465-20-0026
宮古島東急ホテル&リゾーツ 沖縄県宮古島市 0980-76-2109
ホテルライジングサン宮古島 沖縄県宮古島市 0980-79-0077
ホテルサザンコースト宮古島 沖縄県宮古島市 0980-75-3335
宮古第一ホテル 沖縄県宮古島市 0980-73-5522
ホテルニュー丸勝 沖縄県宮古島市 0980-72-9936
観光ホテル セイルイン宮古島 沖縄県宮古島市 0980-74-3854
ホテルアトールエメラルド宮古島 沖縄県宮古島市 0980-73-9800
ホテルピースアイランド宮古島市役所通り 沖縄県宮古島市 0980-79-5071

※平成29年度のご利用予約受付開始は平成29年3月1日(水曜日)からとなります。平成29年度新規指定保養施設の2施設(天成園、梓水苑)についても同様です。

※強羅アサヒホテルは、平成27年9月1日より再開の目処が立つまでの期間休館となっておりましたが、平成28年7月31日付で閉館となりました。

※各施設の詳細は、施設に直接お問い合わせいただくか、下記「添付ファイルのダウンロード」からパンフレットをご覧ください。 

※その他ご不明な点は、下記「このページについてのお問い合わせ先」より、区民健康村・ふるさと交流課まで、お問い合わせください。

利用料金

施設によって異なります。

  • 利用料金については、施設に直接お問い合わせいただくか、下記「添付ファイルのダウンロード」からパンフレットをご覧下さい。
  • 下記「添付ファイルのダウンロード」パンフレット掲載の金額は、1人1泊2食付き、奉仕料・消費税込みで、区の助成金を差し引いた金額です。
    (注意)宮古島市の施設の利用料金は、1人1泊朝食付き、消費税込みで、区の助成金を差し引いた金額です。夕食はついていませんので、ご注意下さい。
  • 料金設定のない幼児に食事などが必要な場合は、幼児または小人として扱います。
  • 休前日料金とは、祝日の前日と、土曜日を示します。日曜日(祝日の前日を除く)と祝日のご宿泊は、平日料金となります。(天成園を除く)
  • 入湯税・冷暖房料が必要なところについては、施設ごとに別途表記しています。

利用の制限

  • 全施設を通じて利用期間内4泊まで(利用制限泊数を越える宿泊はできません) 
  • 予算の範囲内で助成しますので、助成できない場合があります。
  • 申請に虚偽や不正があった場合、利用を取り消します。

利用方法

1.施設への予約

  • お泊りになる施設へ、直接電話で予約して下さい。
  • 最初に必ず「世田谷区民」であることをお伝え下さい。
  • 予約が取れたら受付者の名前を控えて下さい。
  • 施設への連絡等は、代表者が一括して行って下さい。
    (注意)ファクシミリ、インターネット予約はできません。
    世田谷区民が優先的に予約できる制度ではありません。施設が満室の場合など、予約ができないことがありますので予めご了承ください。

2.利用券の申請

予約後、宿泊する前に下記窓口で申請してください。利用券をお渡しします。

受付(申請)窓口

出張所、まちづくりセンター(太子堂、経堂、北沢、等々力、用賀、成城、烏山を除く)、総合支所くみん窓口区民担当、区民健康村・ふるさと交流課(区役所内)

申請に必要な事項

  • 宿泊月日
  • 宿泊者全員の氏名・年齢・料金区分(大人・小人・幼児・無料幼児)・住所
  • 代表者の電話番号
  • 施設の予約受付者氏名
  • 申請者の氏名・住所が確認できる資料(運転免許証、保険証、公共料金等の領収書、消印のある郵便物等)
    なお、印鑑は必要ありません。

3.宿泊当日

現地に利用券をお持ちになり、料金を現金でお支払い下さい。

利用の取消、変更について

  • 利用の取消、変更については、早急に施設へ電話連絡して下さい。
  • 利用日の3日前からキャンセル料がかかる場合があります。
    例:土曜日宿泊の場合は、水曜日からキャンセル料がかかる場合があります。

利用の取消、変更について(施設への電話連絡後)の手続き

  • 利用の取消の場合
    利用券を廃棄してください。受付窓口での手続きは不要です。
  • 利用日・泊数の変更の場合
    変更前の利用券をお持ちになって、利用券申請窓口にお越しください。新しい利用券を発行します。
  • 利用人数、代表者の変更の場合
    ご利用にならない方の氏名は横線を引いて削除し、新たにご利用になる方の氏名等必要事項を空欄に書いて、現地へお持ち下さい。 受付窓口での手続きは不要です。
    詳しくは、上記受付窓口にあるパンフレットまたは、下記「添付ファイルのダウンロード」からパンフレットをご覧下さい

よくあるご質問

質問
宿泊後に利用券の申請はできますか?
回答
事後の申請はできませんので、宿泊前に必ず受付窓口で手続きして下さい。

質問
別々の施設に1泊ずつ宿泊したいのですが?
回答
はい、お泊りいただけます。利用期間内4泊まででしたら、ご自由に施設を選んでお泊まり下さい。

質問
世田谷区以外に住んでいる友人と一緒に利用できますか?
回答
はい、一緒にお泊りいただけます。
ただし、助成を受けられるのは、世田谷区民の方のみです。
利用料金が異なりますので、詳しくは、各施設にお問い合わせ下さい。

質問
旅行会社の主催するツアー等に参加して、指定保養施設と同じ施設に宿泊する時は、区の助成を受けられますか?
回答
旅行会社に申し込みをし、ツアー等に参加される場合は、区の助成を受けることはできません。
区の助成を受けられるのは、区民の皆さまが、直接施設に電話をし、予約をした時に限られます。

添付ファイルのダウンロード

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ先

せたがやコール

電話番号03-5432-3333

ファクシミリ03-5432-3100

担当 区民健康村・ふるさと交流課

トップページへ戻る

このページのトップへ