こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の魅力、問い合わせ・よくある質問

民家園(次大夫堀公園民家園)

更新日:平成28年5月27日

ページ番号:0122208

施設の概要

所在地東京都世田谷区喜多見5-27-14
電話番号03-3417-8492
ファクシミリ03-3417-8492
公共交通機関小田急線・成城学園前駅徒歩15分
バス次大夫堀公園前徒歩2分(小田急成城学園前駅~東急二子玉川駅)
バス砧中学校下徒歩5分(渋谷駅~京王線調布駅南口)
開園時間 午前9時30分~午後4時30分
休園日 毎週月曜日
年末・年始(12月28日~1月4日)但し、元日は特別開園
(補足)月曜日が祝日及び休日にあたるときは、その翌日が休園日になります。
駐車場 収容台数33台 有料(30分100円)
安藤家の写真
(旧安藤家住宅)
秋山家土蔵の写真
(秋山家土蔵)
冬の民家園写真
(雪景色の民家園)

 

施設案内

世田谷区では、岡本公園民家園と次大夫堀公園民家園を一般公開しています。

昭和63年11月に開園した次大夫堀公園民家園は名主屋敷(主屋1棟、土蔵2棟)、民家2棟、表門、消防小屋などを復元し、公園内の次大夫堀や水田とあわせて、江戸時代後期から明治時代初期にかけての農村風景を再現しています。

「生きている古民家」をテーマに、囲炉裏には毎日火が焚かれ、家の中や軒下には民具が置かれています。主屋内にも自由に入ることができ、民具などに触れることもできます。また、農村に伝わる行事等も行っており、昔ながらの生活や風習を体験することができます。

どうぞ、ご家族やお友達と、お気軽にご来園ください。

 

園内配置図

1 旧安藤家住宅主屋  2 旧秋山家住宅土蔵  3 消防小屋と火の見櫓  4 旧加藤家住宅主屋  

5 旧城田家住宅主屋  6 旧谷岡家住宅表門  7 次大夫堀(六郷用水)

入場料

  • 無料

利用上のお願い

  • 文化財保護のため、喫煙は園内指定の場所でお願いします。
  • 民家園への自転車の乗入れ、ペットの持ち込みはご遠慮ください。

民家園からのお知らせ 

七夕まつりのチラシ

民家園のイベントカレンダー(平成28年4月~6月)

  4月 5月 6月
1
 
俳句作り~9/19まで、製茶
岡本:俳句作り~9/19まで
 
2  竹細工(玩具作り)
 

休園日
古民家解説会
 
3
 
<憲法記念日>
 
 
4
休園日
<みどりの日>
 
養蚕の解説会、お手玉作り
岡本:わら草履作り教室
5  

<こどもの日>五月節句の解説会、

糸つむぎ実演 、木挽き体験、 こどもの日(両園) 

 
6    
休園日
7  

育てて食べようそば教室(2)、

ミンミンゼミ・竹けんだま作り

 
8   包丁研ぎ教室、機織り体験
 
 
9 尺八演奏、 百人一首
岡本:ミニ草履作り教室

休園日
 
10   藍染め教室
 
 
11
休園日

 
尺八演奏
岡本:大人のためのそば打ち教室
12     鍛冶教室、機織り体験
 
13  
 

休園日
14   尺八演奏
岡本:わら草履り作り教室
 
15   養蚕(春蚕)~5月中旬から6月上旬
 
 
16 育てて食べようそば教室(1)
岡本:わらでデンデン虫作り

休園日
 
17
 
   
18
休園日
機織り教室
 
百人一首
岡本:子どものためのそば打ち教室
19      
20    
休園日
21   育てて食べようそば教室(3)、百人一首
岡本:昔の遊び(竹馬・羽子板・コマ等)
 
22   岡本:紙すき教室
 
 
23 五月節句~5/8まで、柏餅作り
 
 

休園日
藍染め教室、機織り教室
 
24 岡本:春の茶会、紙すき教室
 
   
25
休園日
  育てて食べようそば教室(4)、糸つむぎ実演
 岡本:竹けんだま・ぶんぶんコマ作り
26     手打ちうどん教室
岡本:紙すき教室
27    
休園日
28 わらべうた教室
 
   
29 <昭和の日>
 
   
30 茶摘み
 

休園日
わらべうた教室
 
31      

民家園の年間予定行事(各項目をクリックして頂くと詳細が表示されます)

  • このページにはオープンデータを掲載しています

    このページに掲載している添付ファイルは、オープンデータとして使用可能です。

    なお、世田谷区では、本区が公開するオープンデータの利用に際して遵守すべき事項をまとめた世田谷区オープンデータ利用規約を定めており、本区のオープンデータのご利用をもって、当該規約の内容を承諾いただいたものとみなします。当該規約の内容は必要に応じて事前の予告なしに変更することがありますので、ご利用に際しては、最新の内容をご確認ください。

    オープンデータせたがやのロゴ

    ライセンスの取扱い

    本サイトで公開しているオープンデータは、クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。

    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス 表示 2.1

    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス表示2.1のホームページ新しいウィンドウが開きます)

    当ライセンスは、上記対象データのみに適用されますので、それ以外のデータについては、当区ホームページにおける著作権の取り扱い(著作権・リンク・免責事項)に準じてください。

    喜多見の石井恒良氏によって記された昭和初期から中期の日記には、農業・養蚕・製茶・餅つき・信仰など、かつて世田谷で行われてきた様々な習俗が記されており、都市近郊集落      の変遷を知る上で有益な資料である。本展では、この日記を通して喜多見に見られた昭和初期の習俗の一端を読み解く。

  • PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

    このページについてのお問い合わせ先

    生涯学習・地域・学校連携課民家園係

    電話番号03-3417-5911

    ファクシミリ03-3417-5961

    トップページへ戻る

    このページのトップへ