こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の観光、問い合わせ・よくある質問

若林小学校避難所運営訓練を行いました

更新日:平成30年5月14日

ページ番号:0153836

 5月13日(日曜日)に若林小学校にて、若林町会主催の避難所運営委員と地域住民の方を対象とした避難所運営訓練を行いました。

訓練は9時に発災したことを想定し、まず自分の身の回りの安全を確認した後に、3つの訓練を行いました。1つ目は集合訓練で、町会指定の一時集合所に危険回避のため一時的に集合しました。2つ目は避難所収容訓練で、丁目ごとに受付をして避難所である体育館に収容しました。3つ目は資機材操作訓練で、興味のある資機材を自分のペースで見ることができるブース形式で実施しました。

後半では、ボランティア協会の吉原事務局長から「避難所運営の実際とボランティアの受け入れ」をテーマにご講演いただきました。災害時には誰もが被災者であり、誰かがやってくれるだろうというお客様意識ではなく、「みんなで運営する」という意識が大事だと学びました。

今年度の若林小学校避難所運営訓練は終了しましたが、若林町会では丁目ごとに防災教室も行っています。災害はいつ起きるか分かりません。いざという時に備え、訓練に参加することで自身の防災力を高め、将来的にはまち全体の防災力を高めていけるよう、ご協力をお願いいたします。

 訓練の流れ

 

9:00 発災(想定)
自分・家族・隣近所の安全確認
9:30 集合訓練(各丁目で定めている一時集合所に集合)
9:40 避難所収容訓練(被災者の収容)
一時集合所から避難所(若林小学校)へ移動する。
丁目ごとにいったん校庭に入り、到着順に受付をして体育館に収容する。
10:00 開会挨拶
10:15 資機材操作訓練(資機材紹介)
  3つのブースに分かれて自由見学
  • 特設公衆電話操作訓練
  • 簡易間仕切り、紙製のプライベートルーム、マンホールトイレ、担架付きリヤカー      
  • 発電機3種類(ガソリン・エネポ・ソーラー)操作訓練 
10:50 講演会「避難所運営の実際とボランティアの受け入れ」
11:45 感想・意見等
11:55 閉会

  

簡易間仕切り
簡易間仕切り
発電機(左からガソリン・エネポ・ソーラー)
発電機(左からガソリン・エネポ・ソーラー)
講演会の様子
講演会の様子
 

 

 

 

 

 

 

 

このページについてのお問い合わせ先

世田谷総合支所 若林まちづくりセンター

電話番号03-3413-1341

ファクシミリ03-5486-7666

トップページへ戻る

このページのトップへ