こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の観光、問い合わせ・よくある質問

三宿中学校避難所運営訓練を実施しました(太子堂地区)

更新日:平成30年9月8日

ページ番号:0143868

平成30年9月8日(土曜日)に、三宿中学校避難所運営訓練を実施しました。

避難所運営訓練とは、地震等の大規模災害が発生し、自宅での生活が困難な住民が、一時的に生活するための施設として避難所を開設、運営するための訓練です。

訓練は、総務・情報班、避難所班、給食・物資班、救護・衛生班の4つの班に分かれて行われました。

当日は天気にも恵まれ、地域の方々や、PTAの方々など60人以上の参加者が集まり、有意義な訓練となりました。

今回の訓練は、次のような設定で、より具体的な事態を想定しながら行いました。

  • 秋の土曜日、午後0時30分に、地震発生(世田谷区:震度5弱)。 
  • 避難所運営本部長である太子堂一丁目町会長及び下馬二丁目北町会長は、自宅、近隣周辺の安全確認をした後、「避難所の開設の要否」を判断するため、三宿中学校に集合。
  • 校長先生は不在だが、太子堂一丁目町会長及び下馬二丁目北町会長が協議し、避難所運営本部を設置、避難所を開設。
  • 避難者は、一時集合所に集合し、避難所である三宿中学校に避難。

総務・情報班

総務・情報班では、避難者を受け入れるため受付を設置し、避難者カードの記入案内・回収・整理の訓練を行いました。

避難所班

避難所班は、体育館に避難者の生活場所を設営する訓練を行いました。

その一環として、様々な配慮が必要になる場面で利用できるプライベートルームを組み立てて、設置しました。

  また、電源の確保のため、発電機の操作についても訓練しました。
プライベートルームの作成
(間仕切りの作成)
布でのプライベートルームの製作
(間仕切りシステムの作成)
組み立て式プライベートルーム
(組み立て式プライベートルーム)

給食・物資班

給食・物資班は、バーナーの操作訓練を行いました。

被災時はバーナーでお湯を沸かし、アルファ米に注ぎます。アルファ米とは一度炊いたお米を乾燥させたもので、お湯、または水を注ぎ、時間を置くことで食べられる状態になります。

バーナーの使い方
(バーナーの使い方)
お湯を沸かします
(お湯を沸かします)

救護・衛生班

救護・衛生班では、マンホールトイレの組み立ての訓練を実施しました。

説明書を参考に、参加者で協力し合いながら、組み立てました。

マンホールトイレの組み立て
(マンホールトイレの組み立て)
上手く組み立てられました
(説明を受けながら組み立てます)

このページについてのお問い合わせ先

世田谷総合支所 太子堂まちづくりセンター

電話番号03-5787-6368

ファクシミリ03-5486-7665

トップページへ戻る

このページのトップへ