[0]世田谷区 > くらしのガイド  > 区政情報  > 財政  > 公金管理  > 源泉所得税徴収の確認結果等について

源泉所得税徴収の確認結果等について


更新日:平成26年7月25日

世田谷税務署長より世田谷区長あてに、平成26年6月23日付文書にて、源泉徴収の必要な報酬料金等、特に測量士や建築士などに対する支払について源泉徴収漏れとなっている事例が全国的に見られていることから、その確認について行政指導があり、区は次のとおり確認を行った。

1 確認内容

(1)対象所属  給与支給事務及び所得税法第204条第1項に掲げる報酬料金等の支払い事務を行っている全所属

(2)確認項目  

  1. 測量士、建築士及び土地家屋調査士など所得税法第204条第1項第2号の報酬料金に係る所得税及び復興特別所得税の源泉徴収
  2. 給与等及び報酬料金等(上記1. を除く)に係る所得税及び復興特別所得税の源泉徴収
  3. 交通用具使用者に係る通勤手当の非課税限度額

(3)対象期間  平成22年1月1日から平成26年6月30日

 

2 確認結果  

(1)確認項目とその確認結果(未納付件数等)

1.測量士、建築士及び土地家屋調査士など所得税法第204条第1項第2号の報酬料金に係る所得税及び復興特別所得税の源泉徴収

未納付件数:9件

源泉所得税不足額:175,449円

※別途、延滞税が2,100円徴収される予定である。

2.給与等及び報酬料金等(上記1.を除く)に係る所得税及び復興特別所得税の源泉徴収

該当なし

3.交通用具使用者に係る通勤手当の非課税限度額

該当なし

 (2)未納付となった要因

個人事業主を事業所名(例:土地家屋調査士事務所、司法書士事務所、不動産鑑定事務所)から源泉徴収の必要がない「法人」であると誤認したこと

 

3 今後の対応

  1. 世田谷税務署に源泉徴収所得税不足額及び延滞税を納付する。
  2. 該当個人事業主に対して、源泉徴収すべきであった所得税相当額の区への納付を依頼する。あわせて、該当個人事業主に確定申告の修正手続等をお願いする。
  3. 再発防止策として、各所管に対する源泉徴収制度の周知と対応の徹底をあらためて全庁的に図るとともに、会計室での審査をより一層徹底する。


このページについてのお問い合わせ先
会計室 会計課
電話番号 03-5432-2631
ファクシミリ 03-5432-3053


このページのトップへ

[0]世田谷区 >  くらしのガイド  > 区政情報  > 財政  > 公金管理  > 源泉所得税徴収の確認結果等について


[0]ホーム