こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の魅力、問い合わせ・よくある質問

世田谷区ウェブアクセシビリティ方針について

更新日:平成29年4月27日

ページ番号:0124743

平成24年8月 ホームページリニューアル

区は、これまでも、区民の誰もが利用しやすいものとなるよう、ウェブアクセシビリティに配慮したホームページ運営を行ってきましたが、よりわかりやすく、重要な情報が確実に伝わるホームページとするため、平成24年8月にホームページを全面リニューアルしました。リニューアルにおいては、ウェブアクセシビリティの基準である「JIS X 8341-3:2010」への対応を行い、適合試験の結果、達成等級AAAに一部準拠しました。  

区は、今後もより利便性の高いホームページとするため、公式ホームページ運用方針のほか、以下のウェブアクセシビリティ方針に基づき、アクセシビリティの確保と向上に取り組んでまいります。
 

世田谷区ウェブアクセシビリティ方針

目標とする達成等級

JIS X 8341-3:2010の等級AAAに一部準拠

達成基準の選定

世田谷区が選定した達成基準のリスト

対象範囲

世田谷区公式ホームページ(http://www.city.setagaya.lg.jp/)

対象に含まない範囲

  • 検索サービス http://www.city.setagaya.lg.jp/search2.html
    理由 第三者による検索システムを利用しているため 。
  • 動画コンテンツ
    理由 第三者による動画配信サービスを利用し、区公式ホームページ外の外部サイトで公開しているため。
  • 注記
    動画配信によるコンテンツの公開については、外部サイトのため、ウェブアクセシビリティ方針の対象範囲に含みませんが、区が提供するコンテンツとして、区公式ホームページ内のリンク元ウェブページなどに、可能な限り代替手段を用意するよう、努めることとします 。

例外事項

以下の等級AAAの項目については、対応が困難であるため、現時点の目標に含みませんが、代替手段の用意等、対応方法の検討を行い、可能な範囲で対応することを目指します。

  • テキスト及び画像化された文字の視覚的な表現には、少なくとも7:1のコントラスト比をつける対応(達成基準:7.1.4.6 より十分なコントラストに関する達成基準)
  • テキストブロック(テキストの一文よりも長いもの)には、規定する文字数以上は使用しない等の対応(達成基準:7.1.4.8 視覚的な表現に関する達成基準)
  • バナー等、画像化された文字を使用する場合は、装飾目的かテキストでの表現ができない場合のみ使用する対応(達成基準:7.1.4.9 画像化された文字に関する例外のない達成基準)
  • すべての操作をキーボードで行う対応(達成基準:7.2.1.3 キーボード動作に関する例外のない達成基準)

現時点で把握している問題点及びその対応に対する考え方

達成基準:7.1.1.1 非テキストコンテンツに関する達成基準

PDFファイルや地図画像等の非テキストコンテンツを添付する場合、JIS X 8341-3:2010の達成基準に非テキストコンテンツ自体が対応するか、本文に代替テキストを用意する必要がありますが、対応できていないものがあることを把握しています。今後、継続的に改善するよう配慮することとします。また、対応が困難なコンテンツについては、本文に概要を用意する、または問い合わせ先を記載するなど配慮することとします。
 

適合試験結果

平成24年8月にホームページをニューアルした際に、JIS X 8341-3:2010に基づく試験を行いました。

適合試験結果

用語解説

ウェブアクセシビリティ

高齢者や障害者といった、ホームページ等の利用になんらかの制約があったり、利用に不慣れな人々を含めて、誰もがホームページ等で提供される情報や機能を支障なく利用できることをウェブアクセシビリティと言います。

日本工業規格JIS X 8341-3:2010

ホームページ等が高齢者・障害者を含む誰もが利用できるものとなるための設計指針であり、平成22年8月20日に改正公示されました。国及び地方自治体等の公的機関は、JISを含む規格や法、指針などに基づいて、ウェブアクセシビリティに対応していくことが求められています。

達成等級

JIS X 8341-3:2010の 達成等級には等級A、等級AA、等級AAAの3段階があり、等級Aは最低限達成すべきレベルと位置づけられています。その上のレベルとして等級AA、AAA が用意されています。

等級A及び等級AAの達成基準を満たしたうえで、等級AAAの達成基準の一部を満たせない場合に「等級AAA一部準拠」と言います。この表記は、情報通信アクセス協議会ウェブアクセシビリティ基盤委員会「ウェブコンテンツのJIS X 8341-3:2010対応度表記ガイドライン第1版-2010年8月20日新しいウィンドウが開きます)」で定められた表記によるものです。

担当部署

政策経営部広報広聴課

このページについてのお問い合わせ先

政策経営部 広報広聴課

電話番号03-5432-2008

ファクシミリ03-5432-3001

トップページへ戻る

このページのトップへ