こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の観光、問い合わせ・よくある質問

見て!買って!食べて!せたがやそだち!「第65回夏季農産物品評会」開催

更新日:平成30年6月11日

ページ番号:0160300

テント内に並ぶ夏野菜などを手にとり審査の様子
丹精込めて育てられた野菜が並びます
野菜ソムリエによる「せたがやそだち」の野菜試食講座の様子
野菜ソムリエが美味しい食べ方を紹介

6月9日(土曜日)と10日(日曜日)、世田谷の初夏の恒例イベント「夏季農産物品評会」が、JRA馬事公苑前けやき広場(上用賀2-3先)で開催されました。

夏季農産物品評会は、世田谷の農業と地場農産物への理解を深めてもらおうと毎年開かれているもので、今年の品評会では、トマトやナス、キュウリなど、区内農家自慢の夏野菜など約680点が出品されました。世田谷産の野菜は、都会育ちながらも長い歴史と伝統に裏打ちされた栽培技術により生産されており、品質で引けをとりません。

9日は、品評会の審査が行われ、10日は、審査された品評物の展示と即売のほか、採れたての野菜などを販売する農産物即売市、野菜ソムリエによる「せたがやそだち」の試食などが行われました。

野菜ソムリエによる野菜に関するミニ講座では、調理法などを熱心に聞く参加者の姿も見られ、参加した人は、「世田谷でこんなに美味しい野菜が作られているなんて知らなかった。今日教わったレシピを早速家で試してみたい。」と感想を話してくれました。ほかにも、「野菜の時代~せたがやそだちの源流~」と題した、世田谷でかつて生産されていた野菜の歴史を探るパネル展示のコーナーや、季節の草花を販売する園芸即売市などが行われ、会場は多くの来場者で賑わいました。

このページについてのお問い合わせ先

都市農業課

電話番号03-3411-6658

ファクシミリ03-3411-6635

トップページへ戻る

このページのトップへ