こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の観光、問い合わせ・よくある質問

世田谷ジュニアアカデミー開講式が開催されました

更新日:平成30年4月10日

ページ番号:0159238

参加者全員で記念撮影
参加者全員で記念撮影
いのちの教室 授業風景
いのちの教室 授業風景

 4月9日(月曜日)、世田谷区立総合運動場体育館(大蔵4-6-1)で、今年度の世田谷ジュニアアカデミー開講式が開催されました。

世田谷区スポーツ振興財団では、子どもの体力・基礎運動能力の向上を図るために、世田谷区に馴染みのあるトップアスリートと連携し、平成20年度からジュニアアカデミーを開講しています。今年度で開講11年目。憧れのアスリートから直接、指導を受けられることから、多くの子どもたちが熱心に取り組んでおり、キャンセル待ちの教室が出るほどの人気を見せています。

カリキュラムは、トップアスリート自らが世田谷の子どもたちのために考えたもので、今年度は、「アスレティクスアカデミー」「フットボールアカデミー」「器械運動アカデミー」「ベースボールアカデミー」「スイミングアカデミー」「テニスアカデミー」の6つを実施します。「アスレティクスアカデミー」では、400m日本記録保持者の髙野進さんがオリジナルの走法などを自ら指導。「フットボールアカデミー」では、元サッカー日本代表の北澤豪さんによるサッカーを通じたコミュニケーションの大切さも学びます。また、「スイミングアカデミー」では、速く泳ぐだけでなく、ライフセービングを通して、助け合いの心や人命救助の大切さを学びます。

今年度の開講式には、新年度より新たに加わる子どもや保護者が出席しました。トップアスリートは、「今日の頑張ろうという気持ちを大事にして1年間頑張りましょう」と子どもたちを激励。トップアスリートの言葉だけに子どもたちも真剣に聞き、最後に各アカデミー代表の子どもたち6人が元気よく宣誓し、「仲間とたくさん練習し、日本代表になれるように頑張ります」など意気込みを伝え、握手を交わしました。

また、世田谷ジュニアアカデミーは昨年で開講10周年を迎えたことから、この日は10周年記念事業として、スポーツと安全をテーマとした「いのちの教室」などが開催され、子どもたちは出席した保護者と一緒にAED(自動体外式除細動器)の使い方を学びました。

このページについてのお問い合わせ先

世田谷区スポーツ振興財団

電話番号03-3417-2811

ファクシミリ03-3417-2813

トップページへ戻る

このページのトップへ