こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の観光、問い合わせ・よくある質問

東日本大震災犠牲者へ祈りを捧げて~「3.11を忘れない!」を開催

更新日:平成30年3月12日

ページ番号:0158740

黙祷を行う参加者の写真
黙祷を行い、鎮魂の祈りを捧げました
児童たちが描いた灯篭の写真
被災地への思いを込めて描いた灯篭

  3月11日(日曜日)、小田急線千歳船橋駅前広場(船橋1-9)で、東日本大震災の犠牲者の鎮魂と被災地復興支援、地域住民の絆の再生を目的にしたイベント「3.11を忘れない!」が開催されました。

東日本大震災発生から7年が経過しましたが、震災被災地の復興状況については、未だ厳しい状況にあります。このイベントは、「鎮魂・絆・支援」をテーマとして、千歳船橋駅周辺の町会・自治会、商店街、小・中学校PTA等の地域の団体で構成される「3.11を忘れない!実行委員会」の主催で行われており、今回で6回目の開催となりました。

会場では近隣の中・高校生や地域住民による楽器演奏や合唱、詩の朗読などが披露されたほか、近隣の小学校5校(船橋、希望丘、千歳台、笹原、桜丘)の児童等が、被災地への「鎮魂」と「絆」と「支援」の気持ちを表して描いた和紙の絵で包んだ灯篭が飾られ、夜にはこの灯篭に明かりを灯して犠牲者を追悼しました。

震災が発生した午後2時46分には、近隣の方など約100人が集まり、1分間の黙祷を捧げました。イベントに参加した区内在住の女性は「震災の記憶を風化させることのないよう、震災の教訓を次の世代へ伝えていかなければいけないと思います」と話していました。

また、この日は震災被災地支援のための募金活動も行われました。集まった善意は、宮城県気仙沼市でプレーパークを運営しているNPO法人「気仙沼あそびーばーの会」に寄附され、被災地の子どもたちの支援に役立てていただく予定となっています。

このページについてのお問い合わせ先

船橋まちづくりセンター

電話番号03-3482-0341

ファクシミリ03-5490-7031

トップページへ戻る

このページのトップへ