こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の観光、問い合わせ・よくある質問

外環道東名ジャンクション(仮称)換気塔色彩デザインコンクールの入賞作品を表彰

更新日:平成30年3月5日

ページ番号:0158607

色彩デザイン賞1席の作品テーマ「草木、しげりて。」の写真
色彩デザイン賞1席
「草木、しげりて。」
 
世田谷美術館区民ギャラリーでの作品展の様子の写真
作品展の様子
 
表彰式の様子の写真
表彰式の様子

3月4日(日曜日)、世田谷美術館講堂で、世田谷区が快適で魅力あふれる街であるための都市デザインについて理解を深めるため、フォーラムを開催しました。今年度は、昨年秋に実施した外環道東名ジャンクション(仮称)換気塔色彩デザインコンクールの入賞作品表彰式や「風景づくりと色」をテーマとした記念講演を行い、受賞者や一般参加者など約100人が参加しました。
 色彩デザインコンクールは、みどり豊かな国分寺崖線や野川に近接した位置に、外環道地下トンネルの換気塔の設置が予定されることから、換気塔が周辺の風景と調和した存在となり、また、区民参加で多くの方に風景や色彩に関心を持っていただけるよう開催しました。昨年10月からの約2ヶ月の応募期間で、区民をはじめ全国から166点もの個性と魅力溢れる作品が寄せられました。
 表彰式では、作品テーマ「草木、しげりて。」で色彩デザイン賞1席を受賞した調布市在住の藤森伝一さん(49)が、「この作品は、野川の流れや国分寺崖線の風景に思いを馳せ、豊かな自然をモチーフにしました。個人的な話をさせていただくと、私は若い時に世田谷美術館を設計した内井昭蔵先生の事務所に在籍していました。先生も自然の環境であるとか、人の想いを大事にしなさいと言われていて。建物の方も美術館から先生が、世田谷のために頑張りなさいと言われているように感じています。本日は本当にありがとうございました。」とデザインに込めた思いなどを述べられました。
 今後は、この色彩デザインの着彩を前提として、実現性や必要な修正などを検討し、着彩原案として東京外かく環状道路事業者へ提案いたします。
 記念講演では、多くの自治体で環境色彩ガイドライン策定に関り、景観アドバイザーなどの経験を持つ吉田教授から、地域の色のつくり方などが語られ、フォーラムの参加者たちは、これからの世田谷の風景づくりについて考えを深めました。

このページについてのお問い合わせ先

都市デザイン課

電話番号03-5432-2039

ファクシミリ03-5432-3084

トップページへ戻る

このページのトップへ