こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の観光、問い合わせ・よくある質問

仲間と一緒に夢をカタチに!子ども夢プロジェクト活動報告発表会開催!

更新日:平成30年1月29日

ページ番号:0157977

喜多見児童館「喜多見あやかし研究所」の発表の様子
妖怪を銀屏風で解説、巨大な河童も登場
玉川台児童館「オリジナルたまじ動画ぱらぱらマンガ編」の発表の様子
地域の昔話が題材の愛らしい動画を発表
弦巻児童館「すっごーい一輪車」の発表の様子
一輪車で大技を決めてくれました!

児童館に来館する子どもたちの「やってみたい!」の声を聞き、その実現を応援する「子ども夢プロジェクト」。1月28日(日曜日)、代田児童館(代田6-34-13)で活動報告発表会を行い、実現に協力してくれた人たちに向けて、子どもたちの活動の過程や成果をお披露目しました。

今回で13回目を迎えた「子ども夢プロジェクト」は、子どもたちが自分たちの興味があることや挑戦してみたいことに向けて主体的に活動し、仲間たちと意見を交わし合い、学校生活や家庭生活とはひと味違う大人たちとの交流を通じて、社会性やコミュニケーション能力を養い、目標に向かって考える力や行動する力を育むことを目的に実施しています。今年度は、弦巻・野沢・松沢・玉川台・上用賀・船橋・喜多見・上北沢の8つの児童館のグループが参加。オリジナルミュージカル公演に挑戦したグループでは、地域の歌の講師やダンスのインストラクターに協力を得て歌やダンスの稽古をするなど、プロジェクトの過程では、普段の生活では接する機会の少ない地域の方々との交流が生まれました。

活動報告発表会では、会場の集会室や工作室等に展示ブースを設置し、活動の概要を解説したパネルや実際に作成した造形物の展示などで各グループが活動を紹介しました。コマ撮りアニメを作ったグループでは、セットや小道具をペットボトルキャップなどの廃材を利用して1500枚にも及ぶ写真を繋ぎアニメを作成。電車ジオラマを作ったグループでは、ジオラマの一部に自ら現地に足を運んで観察した上北沢の風景を再現するなど、各グループとも熱のこもったこだわりを見せてくれました。また、発表方法にも工夫が凝らされ、完成作品の展示だけではなく、活動の過程を子ども自ら来場者に説明するグループや美味しい手づくりお菓子の実食、様々な妖怪を研究したグループでは「あやかし検定」というクイズを用意し、来場者に発表の隅々まで楽しんでもらえるよう工夫をしていました。

子どもたちの力作や熱演の数々に、来場者からは「どのグループもとても本格的な出来映えだった。みんな頑張ったね!」と声が上がっていました。

このページについてのお問い合わせ先

児童課

電話番号03-5432-2254

ファクシミリ03-5432-3016

トップページへ戻る

このページのトップへ