こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の魅力、問い合わせ・よくある質問

世田谷区総合教育会議と世田谷教育推進会議を開催

更新日:平成29年7月24日

ページ番号:0154612

北澤氏の基調講演の様子の写真
教育推進会議での基調講演の様子
総合教育会議でのディスカッションの様子の写真
総合教育会議の様子

 7月21日(金曜日)に世田谷区民会館ホールで世田谷区総合教育会議と世田谷教育推進会議を開催しました。

世田谷区では、地方教育行政法の一部が改正されたことから、「世田谷区総合教育会議」を開催して、教育政策の方向性や推進の方策などを協議しています。例年、教育委員会が主催する区民参加型の世田谷教育推進会議のシンポジウム等と同日に開催し、区民の皆さんに開かれた場で議論を行っています。

初めに行われた世田谷教育推進会議では、サッカー元日本代表の北澤豪氏による基調講演(テーマ:サッカーから学んだこと)と、次いで大学教授などの専門家によるパネルディスカッション(テーマ:体力向上・健康推進の取り組みと幼児教育(非認知能力)」が行われました。

基調講演では、オリンピック・パラリンピックや国際化に向けて、これからの時代を生きる子どもたちに必要となる力などについて話がありました。北澤氏は、応援してくれる人や仲間のためにプレーした経験から、「他者を尊敬する精神」や「誰かのために行動する協調性」などの重要性について語りました。

パネルディスカッションでは、子どもの健康、幼児期に必要となる体力、地域との連携など、子どもたちの元気アップに向けた取り組みについて議論がなされました。来場した保護者や教員などは、各家庭や授業で参考にしようと筆を走らせていました。

世田谷区総合教育会議では、「『学びの質的転換』と『新教育センターの役割』」、「幼児期からの豊かな『遊びと学び』の環境づくり」について、保坂区長と教育長・教育委員がディスカッションを行いました。聴講した来場者は、区の教育における課題などについて、実際の議論を目にし、より理解を深めた様子でした。

このページについてのお問い合わせ先

教育総務課

電話番号03-5432-2652

ファクシミリ03-5432-3028

トップページへ戻る

このページのトップへ