こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の魅力、問い合わせ・よくある質問

せたがやそだちの野菜を召し上がれ「夏季農産物品評会」開催

更新日:平成29年6月12日

ページ番号:0153831

   平成29年6月10日(土曜日)から11日(日曜日)、世田谷の恒例イベント「夏季農産物品評会」が、JRA馬事公苑前けやき広場(上用賀2-3先)で開催されました。

品評会での農産物審査の様子
品評会での農産物審査の様子
野菜ソムリエによる、せたがやそだちの野菜の試食
野菜ソムリエによるミニ講座も実施

この夏季農産物品評会は、世田谷の農業と地場農産物への理解を深めてもらおうと毎年開かれているものです。今年の品評会では、トマトやナス、キュウリなど、区内農家自慢の夏野菜など496点が出品されました。

10日は品評会審査が開かれ、審査員たちが見事な夏野菜や花をひとつずつ審査しました。東京都知事賞や世田谷区長賞などの特別賞に選ばれたものをはじめ、出品された野菜などは農家の方が大切に育てた品質の良いものばかり。品評会に出品されたものは、11日午前中に一般向けに展示され、正午からは即売されました。

また、野菜ソムリエによる世田谷区内で採れた「せたがやそだち」の野菜の試食も実施。人参、キュウリ、ズッキーニを使ったミニ講座には、調理法などに熱心に聞き入る区民の姿も見られました。参加した人は、「世田谷で立派な野菜が収穫されていて、少し意外な感じがした。これからは、『せたがやそだち』の野菜を見かけたら購入してみたい。」と話してくれました。

11日は、10日から引き続き園芸即売市と野菜ソムリエによる「せたがやそだち」の試食が行われたほか、新鮮な「せたがやそだち」の夏野菜の即売市なども開催されました。

今後6月15日(木曜日)には、JA東京中央千歳支店(粕谷3-1-1)で農産物の品評展示会及び展示品販売を、17日(土曜日)には、喜多見駅前南口広場(喜多見8-21)とJA世田谷目黒本店(桜新町2-8-1)で農産物即売市も開催する予定です。

このページについてのお問い合わせ先

都市農業課

電話番号03-3411-6658

ファクシミリ03-3411-6635

トップページへ戻る

このページのトップへ