こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の魅力、問い合わせ・よくある質問

親と子がふれあう楽しいひととき~第55回親と子のつどいを開催

更新日:平成29年5月8日

ページ番号:0153105

「親子でサスケ」を体験する様子の写真
大人気の「親子でサスケ」コーナー
「やってみよう消防体験」の様子の写真
「やってみよう消火体験」

5月3日(祝日)、世田谷区立総合運動場(大蔵4-6)で、「第55回親と子のつどい」が開催されました。

このイベントは、「こどもの日」と「母の日」にちなんで、親子の交流を楽しんでもらおうと、昭和38年から毎年ゴールデンウィークに開催しているものです。主催は、親と子のつどい実行委員会と世田谷区教育委員会で、19団体が協力し、それぞれ催し物や各コーナーの運営を行っています。

この日は、晴天にも恵まれ、会場には親子連れなど約9,600人が来場して、「スポーツチャレンジコーナー」や「むかしあそび」などで連休の一日を楽しみました。

この日のために設置された「パターゴルフ」や、「スポーツチャレンジコーナー」、成城消防署による「やってみよう消火体験」などに、順番を待つ子どもの長い行列ができていました。また、「子どもお茶席」も設けられ、作法を教わりながら初めての抹茶を緊張気味に味わう親子連れの姿も見られました。

体育館周辺の「むかしあそび」のコーナーでは、父親や母親が子どもに竹馬の乗り方を教える姿や、ジグザクに置いたコーンを走り抜け、マットの山を飛び越えたりしながら、いくつもの障害物をクリアしてゴールまでの時間を競う「親子でサスケ」のコーナーでは、障害物を勢いよく乗り越える子どもに引っ張られながら、ゴールを目指す親子などの姿も見られました。

参加した親子は、「去年もサスケに挑戦しました。子どもにせがまれて今年も来ましたが、なかなか良いタイムは出ませんね。ここのところ毎年、ゴールデンウィークはここに来ています。」と、笑顔で話してくれました。

このページについてのお問い合わせ先

生涯学習・地域学校連携課

電話番号03-5432-2732

ファクシミリ03-5432-3039

トップページへ戻る

このページのトップへ