こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の魅力、問い合わせ・よくある質問

顔の見える関係づくりを~「砧地域ご近所フォーラム2017」を開催

更新日:平成29年3月22日

ページ番号:0152252

雛飾りを見る親子
砧地域の取り組みを発表する様子 
各時代の雛飾りの展示 

薬剤師会によるお薬相談の様子

3月18日(土曜日)、成城ホールで、地域の中の顔の見える関係づくりを目的とした「砧地域ご近所フォーラム2017」を開催しました。医療、介護、福祉関係者、行政などで構成される「砧地域ご近所フォーラム2017実行委員会」が主催したもので、7回目となる今回は、「わたしからひろげよう地域のわ~顔の見える関係づくり~」をテーマに開催し、約400人が参加しました。

砧地域では、地域での「顔の見える関係づくり」を行うことを目的に、ご近所フォーラムを開催しています。主催は、医療、介護、福祉関係者、行政などで構成される「砧地域ご近所フォーラム2017実行委員会」で、実行委員会のほかにも、介護保険事業者など約50名がボランティアで参加しました。

今年度は、子ども・若者、障害者、高齢者、また、教育、音楽、イベント、防災など他領域からの発表や意見交換が行われ、さらに多くの職域からの活発な発表や意見交換を通し、地域住民や関係団体が相互に情報共有を行いました。

また、砧地域での取組みについての発表では、国立成育医療研究センターによる、在宅医療を受ける方が地域で安心して暮せるネットワークづくりや、「宇奈根ふれあいの家」を拠点とし、子ども達の居場所づくりの活動を行っている「こども食堂 宇奈根プレイス」の取組みなど、地域で行われている活動が紹介されました。各発表者の報告を受けて、活動内容の詳細や課題などについて質問や意見交換が行われ、最後には「安心して子育てができて、年齢を重ねられるのが砧地域だと思う。このようなつながりをますます発展させていきたい。」「ノウハウを共有し、他の地域でもこういった活動が広がっていけばいいと思う。」といった感想があり、今後の活動に向け議論を深めました。

会場では、地域住民、医療従事者、福祉関係者、介護関係者、行政等が行っている取組みなどについての展示を行い、今年度からの新たな企画である薬剤師による「お薬相談」をはじめ、様々な相談先やイベントなどの情報も提供され、参加者は熱心に展示に見入っていました。

このページについてのお問い合わせ先

砧総合支所 保健福祉課

電話番号03-3482-8192

ファクシミリ03-3482-1796

トップページへ戻る

このページのトップへ