こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の魅力、問い合わせ・よくある質問

「せたがやソーシャルビジネス・プレゼン大会」を開催

更新日:平成29年2月14日

ページ番号:0151509

懇談する参加者の様子
熱意のこもったプレゼンの様子
雪の滑り台をすべる親子の様子
コメンテータからアドバイスを受ける様子

2月11日(土曜日)、新たなソーシャルビジネスの創出につなげることを目的に、「せたがやソーシャルビジネス・プレゼン大会」を開催しました。

世田谷区では、社会的課題や地域課題をビジネスの手法で解決するソーシャルビジネスの活動支援を区産業振興計画の重点事業と位置づけ、これまでシンポジウムやスペシャリストとのセッションイベントを開催してきました。

本大会は新たな取組みとして、ソーシャルビジネスに興味がある方から、実際に取組もうとしている方までを対象に、プランのプレゼンテーションを通じて、専門家によるアドバイスや、新たな仲間や支援機関とのネットワークづくりの機会を提供し、新たにソーシャルビジネスに取組む方々を支援するものです。また、本事業は、世田谷区大学連携プロジェクトの産業プロジェクトの一環として、そして世田谷区を含めた地域の支援機関で構成する「せたがやソーシャルビジネス支援ネットワーク」の事業の一環として実施しました。

 この日は、一次選考により選ばれた、「介護ライフアドバイザー資格認定事業」や「みんなの居場所 ミマモリカフェ」、「一軒家を利用する少人数保育事業」等、熱意のこもった4つのプランが披露され、各分野の専門的知見を持つコメンテーター陣から的確なアドバイスが送られました。「ロカボ・カフェ ゆるやかな糖質制限食」について発表した水玉カフェの増井潤子さんは、「糖尿病患者の方などが安心して外食を楽しむことができる糖質制限食のカフェ」に関するプランを発表。コメンテーター陣は、「同じ課題を抱える方のコミュニティは、遠方の集客も見込める。」「一見糖質の高そうなスイーツを低糖質で楽しめる、菜食に特化するなど差別化が必要。」等とアドバイスし、プランの魅力を引き上げていきました。発表終了後には、交流の場が用意され、発表者やコメンテーター、支援機関などが情報交換をしながら、ソーシャルビジネスの創出に向けた思いを新たにしていました。

このページについてのお問い合わせ先

商業課

電話番号3411-6652

ファクシミリ3411-6635

トップページへ戻る

このページのトップへ