こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の観光、問い合わせ・よくある質問

区史編さん

更新日:平成31年3月15日

ページ番号:0161774

新たな区史編さん

昭和37(1962)年に「新修 世田谷区史」を刊行してから半世紀以上が経過しました。この間、刊行後に蓄積された資料や各分野での調査・研究が進んできました。

平成29(2017)年に区制85周年を迎えたのを契機に、現時点における成果として記念誌「世田谷 往古来今(おうこらいこん)」を刊行するとともに、新たな区史編さん事業の取り組みを開始しました。

新たな区史は、区制90周年の2022年から順次刊行の予定です。

新たな世田谷区史編さんの基本的な考え方がまとまりました

「世田谷区史編さん委員会」を平成29(2017)年6月20日に発足し、新たな世田谷区史編さんに向け、基本的な考え方などを議論してきました。2回にわたる委員会での議論を経て、新たな区史編さんの基本的な考え方について(PDF形式 159キロバイト)についてがまとまり、平成29(2017)年11月10日、区議会に報告しました。

今回の区史編さんにあたり 皆さまからの資料・情報のご提供をお持ちしております

区の歴史に関する資料・情報をお寄せください

歴史に関する資料というと、墨で書かれた古文書を考えがちですが、日記や家計簿、会社や商店でお持ちのチラシなども貴重な歴史資料です。

また、家の押入れや戸棚、物置などに眠っている古い写真や、すでに使われなくなった道具類などからも昔の暮らしの様子がわかります。

戦中から戦後にかけての通帳類・衣料切符など 
▲戦中から戦後にかけての通帳類・衣料切符などの写真         ▲区内個人宅で発見された古文書(発見時の様子)    
    区内個人宅で発見された古文書 

まずはご連絡をください

普段、ガラクタとして邪魔にしてきた物が、実は貴重な歴史資料だったといったことも決して少なくありません。

皆様がお持ちの古い資料・写真・道具類などがございましたら、どのような物でもかまいませんので、区史編さん担当までご一報ください。

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ先

政策経営部 区史編さん

電話番号03-6432-6144

ファクシミリ03-6432-6145

トップページへ戻る

このページのトップへ