こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の観光、問い合わせ・よくある質問

世田谷区立老人休養ホームふじみ荘の整備に向けてサウンディング調査を実施します。

更新日:平成30年8月1日

ページ番号:0161115

世田谷区立老人休養ホームふじみ荘は昭和45年4月の開設後、48年が経過し、改修工事を実施する時期にきています。

この間の利用者ニーズの変化により、宿泊利用者数が年々減少していることから、今回、機能を見直し、浴室・食堂等の機能に限定した運営への切り替えを予定しています。

区では主に施設更新経費や施設運営経費の低減のため、民間活用による整備を検討しています。

整備手法や有効活用等、民間企業等の皆様のご意見を伺い、事業計画に反映していきたいと考えています。

1.スケジュール

 

日程

内容

平成30年8月1日(水曜日)~

実施要領公表

平成30年8月1日(水曜日)~8月24日(金曜日)

事前説明会申込受付

平成30年8月29日(水曜日)

事前説明会

平成30年9月3日(月曜日)~9月18日(火曜日)

参加申込期間

平成30年9月18日(火曜日)まで

対話資料の提出

平成30年9月25日(火曜日)~27日(木曜日)

対話の実施

平成31年2月以降予定

実施結果の公表

2.対話の実施

(1)日時・場所

  平成30年9月25日(火曜日)~平成30年9月27日(木曜日)

  世田谷区役所 第一庁舎会議室(世田谷区世田谷4-21-27)ほか

(2)対象者

  民間企業等(事業の実施主体となる意向のある法人または法人のグループ 3名程度)

  ※対話は団体毎に行います。

3.サウンディング調査の参加申込(事前申込)・対話資料の提出

(1)申込期間

  平成30年9月3日(月曜日)~平成30年9月18日(火曜日)17時まで

(2)提出書類・申込先

  様式01~05に記入し、Eメールに添付の上、申込期間内に「9.問合せ先、提出先」へご提出ください。

  なお、件名は【対話資料提出】とし、データは圧縮せず、容量7MBまでとしてください。

 ※様式02~05は任意様式です。別途代替資料でも構いません。

4.現地見学会・事前説明会の開催(事前申込制)

   サウンディング調査を実施する前に、当該施設の概要と現地見学会を開催します。

(1)日時・場所

  平成30年8月29日(水曜日)14時から16時まで(予定)

  世田谷区立老人休養ホームふじみ荘(世田谷区上用賀6-2-13)

(2)申込期限

     平成30年8月24日(金曜日)17時まで

(3)申込先

    Eメールにて申込みください。件名は【説明会参加申込】とし、本文には団体名・代表者氏名・参加人数・連 

 絡先を記載してください。申込先は「9.問合せ・提出先」参照。

5.対象施設

施設名称 世田谷区立老人休養ホームふじみ荘

所 在 地 東京都世田谷区上用賀6丁目2番13号

6.施設整備の区の考え方(調査のため区が想定したものであり、決定事項ではありません。)

 1 施設整備

 (1)整備手法想定候補

  (ア)  土地の条件付貸付+建物の賃貸借契約

   区と定期借地契約を締結し、既存施設を民間企業等が解体、施設を新設。1階部分を15年程度(更新の   

   可能性有)区が借りて、ふじみ荘機能を継続する。余剰容積は民間企業等の収益事業として有効活用

   する。  

  (イ)   RO+一部建物の条件付貸付

   民間企業等が施設を改修、1階ふじみ荘機能は継続し、2・3階を民間企業等が収益事業として有効活用 

   を図る。

  (ウ)  その他

    上記(ア)、(イ)以外の手法。

 (2)ふじみ荘必要機能

  浴室(男女別)、舞台付大広間、食堂等の機能を満たすこと。

2 施設運営

ž   1階ふじみ荘部分は、引き続き指定管理者制度を導入予定

ž   民間企業等の有効活用部分の条件は無いものとする(用途地域内の建築物の用途制限あり)

3 事業スケジュール(予定)

  ・ 平成33年3月まで 既存施設の運営

  ・ 平成33年4月~平成34年3月 工事期間及び運営準備期間

  ・ 平成34年4月 新規開設

4 留意点

(ア)  既存施設を改修する場合、用途変更や増築を伴う整備には、既存不適格の解消が必要。主な既存不適       

   格は耐火、採光。排煙など。

(イ)  建替えの場合、用途は「老人福祉センター」となる予定。そのため、ふじみ荘機能は600平方メートル以内

   となることから、浴室や食堂等をその他用途で共有する等のアイデアを伺いたい。

(ウ)  提案内容における建築基準法等の法的解釈は、必要に応じて世田谷区都市整備政策部建築審査課に

   相談すること。

7.対話内容

 下記の項目について、ご意見・ご提案をお聞かせください。なお、自らが実施主体となることを前提とし、ご回答いただける範囲で、実現可能なご意見・ご提案をお願いいたします。

 対話の際には、事前にご提出していただいた資料に沿って、ご説明をお願いします。ご説明後、本区側から質問等をさせていただき、対話を実施します。

 

項目

 

様式

全体コンセプト

ž   本件の全体コンセプト(概要)をお聞かせください。

  本事業(施設整備及び施設運営)の概算収支計画をお聞かせください。

  本事業のうち、区に求める概算負担額(賃貸借契約等を行う場合は、賃貸料など)をお聞かせください。

  地域経済や近隣住民への効果等も併せてお聞かせください。

02

施設整備

ž   施設整備の手法についてお聞かせください。

ž   民間企業等の収益事業について活用策をお聞かせください。

03

施設運営

ž   整備手法や運営方法の工夫によるコスト削減策があればお聞かせください。

(例)

ž   民間企業等の収益事業等と連動させることによるコスト削減。

ž   厨房室を縮減、他施設からの搬送によって運営経費削減。

04

その他自由意見

ž   その他、区の考え方等、抜本的な見直し等、ご意見があればお聞かせください。

05

8.留意事項

・ 本件の参加実績は、事業者公募における評価の対象とはなりません。

・ 区及び参加団体ともに、対話内容はあくまでその時点での想定のものであり、何ら約束するものではありませ

  ん。

・ 対話への参加に要する費用は、参加団体等の負担とします。

・ 必要に応じて追加の対話を行うことがありますので、ご協力をお願いします。

・ サウンディング調査の実施結果は、区で作成した概要版を区ホームページで公表します。

・ 公表にあたっては、事前に参加団体等に内容の確認を行います。

・ 参加団体等の名称は公表しません。

・ 参加要件として以下の参加資格を満たすこととします。

(ア)地方自治法施行令第167条の4第1項の規定に該当する者ではないこと。

(イ)世田谷区から入札参加禁止又は指名停止の措置を受けている期間中でないこと。

(ウ)都道府県民税・区市町村税に滞納がないこと。

9.問合せ先・提出先

担当:生活文化部市民活動・生涯現役推進課

所在:世田谷区世田谷4-21-27 第一庁舎1階

電話:03‐5432‐2403

E-mail:SEA02100@mb.city.setagaya.tokyo.jp

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ先

市民活動・生涯現役推進課

電話番号03-5432-2403

ファクシミリ03-5432-3005

トップページへ戻る

このページのトップへ