こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の魅力、問い合わせ・よくある質問

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の馬術競技が世田谷区で開催されます

更新日:平成27年12月15日

ページ番号:0143304

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会では、世田谷区内で馬術競技が開催されます。馬術競技は、人と動物である馬が一体となって戦う競技であり、人と馬の信頼関係が勝敗に影響してくるスポーツです。また、男性と女性を問わず、幅広い年齢層の選手が活躍している競技でもあります。

競技会場

馬事公苑(世田谷区上用賀2-1-1)

馬事公苑は、1964年に開催された第18回東京オリンピック競技大会の馬場馬術競技会場としても使用されました。

オリンピック競技

馬場馬術

「常歩(なみあし)」、「速歩(はやあし)」、「駈歩(かけあし)」の3種類の歩き方を基本に、様々なステップを踏んだり、図形を描いたりして、演技の正確さや美しさを競う。

障害馬術

コース上に設置された様々な色や形の障害物を、決められた順番どおりにミスなく飛び越し、早く走行することを競う。

総合馬術

馬場馬術、障害馬術、クロスカントリーの3種目を同一の人馬で競う。

※クロスカントリーは江東区の海の森クロスカントリーコースで開催

パラリンピック競技

馬術

演技の正確さや美しさを競う競技。出場選手は、障害の種類や程度に応じて5つのクラスに分類され、個人戦ではクラスごとに競技を行う。団体戦では、クラスを問わずにチームを組んで競技を行う。

対象障害:肢体不自由(上下肢障害)、視覚障害

(2016年リオデジャネイロ大会時点)

このページについてのお問い合わせ先

スポーツ推進部 オリンピック・パラリンピック担当課

電話番号03-5432-2743

ファクシミリ03-5432-3080

トップページへ戻る

このページのトップへ