こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の魅力、問い合わせ・よくある質問

埋蔵文化財保護のための届出について

更新日:平成29年4月1日

ページ番号:0004052

埋蔵文化財保護のために

世田谷区には、古墳、城跡、集落跡などの遺跡が、過去の調査で判っているだけで300か所以上あります。これらの場所を、文化財保護法では「周知の埋蔵文化財包蔵地」と規定し、保存・保護を図っています。
「周知の埋蔵文化財包蔵地」で土木・建築工事を実施する場合は、文化財保護法に基づく届出が義務付けられています。

1 区内で土木・建築工事等を実施する場合

(1) 区教育委員会への事前照会

区内で土木・建築工事等を計画されている方は、計画地が「周知の埋蔵文化財包蔵地」に該当するかどうかを、下記担当まで照会して下さい。

※ 世田谷区公式ホームページで埋蔵文化財包蔵地が照会できるようになりました。
    (添付ファイル参照)

(1)調査物件の埋蔵文化財包蔵地の該当・非該当が照会できます。

(2)埋蔵文化財包蔵地該当の場合、遺跡の種類や時代などの遺跡情報を確認できます。

      埋蔵文化財発掘届の別記4「遺跡の種類」欄等の記載にご利用下さい。 

<検索の仕方>

  区公式ホームページ右下→世田谷区の紹介→地図→せたがやiMap→せたがやiMapを開く→テーマから探す

  →文化財情報→埋蔵文化財包蔵地→住所を探す(住所入力) 

(2) 埋蔵文化財発掘の届出

計画地が「周知の埋蔵文化財包蔵地」に該当する場合、事業主は文化財保護法第93条1項に基づく「埋蔵文化財発掘の届出」を、工事着工の60日前までに区教育委員会に提出して下さい。その際、現地案内図・建物等配置図・基礎伏図・基礎断面図、及び「受付書」を各1部添付して下さい(様式は添付ファイルを参照)。
なお、届出者(事業主)と土地所有者が異なる場合は、「承諾書」が必要となります。(様式は添付ファイルを参照)。

(3) 立会調査及び試掘調査

届出内容により、必要な事前調査を確定します。立会調査は、掘削工事実施の際に専門職員が立会い、遺跡の保存状況等を確認します。試掘調査は、工事着工前に計画地を試掘し、遺跡の残存状況を確認します。

(4) 発掘調査

試掘調査の結果、土木・建築工事等により遺跡が破壊されることが判明した場合には、工事に先立ち発掘調査を実施することになります。埋蔵文化財は、一度破壊されると復元することはできませんので、写真撮影や図面作成により、調査記録を保存します。また、出土した石器・土器等の遺物は、文化財として保管します。

(5) 発掘調査後の処置

通常、発掘調査の現場作業終了後は工事に着工できますが、調査記録の作成や出土品の整理作業を継続して行います。調査の成果は報告書として刊行され、文化財保護のために活用されます。
(注意)添付ファイルの「埋蔵文化財保護・調査の流れ」も併せてご参照下さい。

2 工事中に埋蔵文化財を発見した場合

「周知の埋蔵文化財包蔵地」の範囲外で、工事中に埋蔵文化財を発見した場合には、その土地の所有者・占有者は、現状を変更することなく、速やかに区教育委員会に届け出て下さい。

3 指定文化財(史跡・旧跡等)の指定範囲内で工事を実施する場合

工事の計画地が、国史跡・都史跡・都旧跡・区史跡の指定範囲内に該当する場合には、「指定文化財の現状変更許可申請書」を提出し、事前に各行政機関の許可を受けなければなりません。
(注意)このページには、届出に関する一般的な概要を掲載しています。届出、申請についての詳細は、下記担当までお問い合わせ下さい。

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ先

生涯学習・地域学校連携課文化財係

電話番号03-5432-2726

ファクシミリ03-5432-3039

トップページへ戻る

このページのトップへ