こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の魅力、問い合わせ・よくある質問

《第1回世田谷区芸術アワード“飛翔” 音楽部門受賞者》 50期の会

更新日:平成26年3月25日

ページ番号:0131797

50期の会(ごじゅっきのかい)

【音楽部門 受賞】

プロフィール

50期の会

代表者:髙橋 香衣(たかはし かえ)

「50期の会」はNHK邦楽技能者育成会50期の有志による会です。単独公演として2008年8月に第3回目の演奏会を開催いたしました。各回ひとつのテーマを設け、そのテーマに沿った現代邦楽曲を演奏しております。

楽器の構成は、三絃、筝、十七絃、尺八、笛、打楽器となっております。

(NHK邦楽技能者育成会:邦楽界の次世代を担う優秀な演奏家を育成し音楽放送の充実向上を図ることを目的に昭和30年1月に創立されました。〈NHKホームページより〉)

応募企画

応募企画概要
第2回50期の会演奏会にて
「七打砧」(髙橋香衣作曲)初演の模様

各国の伝統的な民族音楽を邦楽器の演奏に取り込み、邦楽の新たな可能性を探る。その最初の試みとして、現代邦楽的な楽器編成で、アジア各国の民族音楽を演奏する。

受賞者の言葉

私達は心をわくわくさせる音楽とは何かを探し求め、今回の演奏会を「もしも明治時代にアジアの音楽が演奏されたら」というテーマで企画しました。

アジアの一国に住む私達日本人は、東洋音楽が持つそのリズムや音に心を通じる物を感じています。日本の固有伝統楽器を通じ、アジアの音楽を新しい響きで表現したいと思っています。

この頂いた機会に感謝し、気の合う仲間達と共に全力で取り組みたいと思います。宜しくお願い致します。

審査員の言葉

音楽部門8作品を審査しましたが、その中でこの作品が内容、特に音楽的にも最も興味深く、アワードの受賞に値するレベルだと思いました。一つのコンセプトの中でさまざまな民族の音楽が流れていくのは非常にユニークな演奏会だと思います。しかし、実際に演奏会を実施するためには、さらにコンセプトを確立して来場者にきちんと伝わるようにする必要があります。音楽事業部もアドバイスと協力を惜しみません。来年度の発表に向けてよい作品にしていきましょう。

このページについてのお問い合わせ先

生活文化部 文化・芸術振興課

電話番号03-5432-2124

ファクシミリ03-5432-3005

トップページへ戻る

このページのトップへ