こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の魅力、問い合わせ・よくある質問

世田谷区認知症在宅生活サポートセンター運営業務委託 運営事業者の選定結果について

更新日:平成29年11月13日

ページ番号:0154322

区では、認知症になっても誰もが住みなれた地域で安心して生活できる社会の実現を目指し、平成25年11月に「世田谷区認知症在宅生活サポートセンター構想」を策定しました。
認知症在宅支援施策の専門的かつ中核的な役割を果たす、認知症在宅生活サポートセンターは、平成32年4月に梅ヶ丘拠点施設区複合棟内での開設を予定しています。
 このたび、本センターの円滑な開設に向け、平成30年度から認知症在宅生活サポート業務を委託する運営事業者を公募型プロポーザル方式により選定しましたので報告します。

選定事業者

1.事業者名  医療法人社団プラタナス 桜新町アーバンクリニック
  2.所在地   世田谷区新町3-21-1 さくらウェルガーデン2階

選定経過

平成29年 6月26日 第1回選定委員会(選定基準の決定)
              7月12日 公募開始
             8月31日 提案書提出期限(1事業者が応募)
            10月25日 第2回選定委員会(書類審査・ヒアリング審査)

選定事業者が評価された点

認知症初期集中支援チーム事業(区委託事業)の実績や、認知症ケアの経験のある医師・看護師・作業療法士等が多く、在宅医療や訪問看護の実績も豊富な事業者との評価であった。また、事業者がこれまで培った経験やノウハウを活かし、梅が丘拠点施設内外の関係機関と協力・連携しながら、世田谷区の認知症ケアモデルの拠点として、質の高い事業運営が期待できるとされた。
 書類審査では、職員の採用計画に課題がみられたが、ヒアリング審査において、管理者である専門職の採用がすでに内定していること、及び、採用計画に関して十分な説明があり、運営体制上、支障はないと判断された。
 以上のことから、当該事業者の提案を採択するとの評価に至った。

このページについてのお問い合わせ先

認知症在宅生活サポート室(介護予防・地域支援課)

電話番号03-6432-6191

ファクシミリ03-6432-6192

トップページへ戻る

このページのトップへ