こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の観光、問い合わせ・よくある質問

梅ヶ丘拠点整備事業ニュース(第8号)~保健医療福祉の全区的な拠点の整備に向けて~

更新日:平成30年2月5日

ページ番号:0152044

はじめに

保健医療福祉の全区的な拠点となる梅ヶ丘拠点整備事業について、このたび区複合棟の実施設計がまとまり、平成29年度から区複合棟、民間施設棟それぞれの建設工事が始まります。

今号では、区複合棟及び民間施設棟の整備概要や工事スケジュールなどをお知らせします。

計画地案内
(計画地)

 

区複合棟・民間施設棟の整備概要について

区複合棟概要

  • 所在地  世田谷区松原6丁目37番
  • 敷地面積 約8,859平方メートル(バスベイ予定地約112平方メートル含む)  
  • 階数 地上5階、地下1階建
  • 延床面積 約15,502平方メートル
  • 開設時期 平成32年4月予定
区複合棟イメージ
(区複合棟イメージ)

 

民間施設棟概要

  • 所在地  世田谷区松原6丁目37番
  • 敷地面積 約7,501平方メートル  
  • 階数 地上8階建
  • 延床面積 約15,405平方メートル
  • 開設時期 平成31年4月予定
民間施設棟イメージ
(民間施設棟イメージ)

梅ヶ丘拠点施設(区複合棟、民間施設棟)の整備内容について

建物配置図

建物配置図は次のとおりです。

梅ヶ丘拠点施設建物配置図
(梅ヶ丘拠点施設建物配置図)

区複合棟整備内容

区複合棟の主な施設機能などは、次のとおりです。 

施設名 施設機能 主な内容
保健センター※ 区民の健康保持・増進のための検査や事業を行います。 健康診断・各種検査、健康相談、健康増進・健康づくり事業 等
福祉人材育成・研修センター※ 福祉人材の育成や確保のための研修等を行います。 研修、情報収集・研究、活動支援 等
認知症在宅生活サポートセンター 認知症の方の在宅生活や介護するご家族をサポートするための事業を行います。 認知症初期集中支援チーム事業、家族支援 等
初期救急診療所・薬局 休日・夜間の診療、調剤を行います。 (診療科目)小児科、内科
世田谷区医師会・
世田谷区医師会立看護高等専修学校
世田谷区医師会が運営する看護高等専修学校が併設されます。 (養成課程)准看護師課程
     ※については、  災害時、保健センターや福祉人材育成・研修センター等のエリアを活用(転用)し、「世田谷区医療救護本部」を設置します。

民間施設棟整備内容

民間施設棟の主な施設機能は、次のとおりです。

施設名 施設機能 主な内容
高齢者支援施設 高齢者等の在宅生活や在宅復帰の支援に取り組みます。 介護老人保健施設、通所リハビリテーション、訪問介護、訪問看護、療養通所介護、回復期リハビリテーション病床 等
障害者支援施設 障害者(児)の地域生活の支援に取り組みます。 施設入所支援(地域生活支援型)、生活介護・自立訓練(機能訓練・生活訓練)・短期入所、児童発達支援、放課後等デイサービス、基幹相談支援センター・相談支援事業所 等

今後の予定について

今後の工事スケジュールは次のとおりです。 

工事スケジュール
(今後のスケジュール)


 


※近隣にお住まいの方を対象とした工事説明会は、それぞれの工事着工前に開催します。詳細が決まり次第、日程等については別途、ご案内します。  

 梅ヶ丘拠点施設の擁壁等撤去工事が4月下旬から始まります。擁壁等撤去工事の撤去対象エリアと概要は次のとおりです。
   対象エリア:計画地東側道路、赤堤通り沿い道路、計画地西側の隣地境界部

 工事概要:擁壁撤去、地表面にあるコンクリート砕石撤去、擁壁撤去に伴う樹木撤去、盛土搬出 など

 梅ヶ丘拠点施設(区複合棟、民間施設棟)の取組みについて

環境配慮について

全体計画

  • 太陽光発電設備や省エネルギーシステム(LED照明、トイレの人感センサーなど)を導入することで、CO2排出削減に取り組みます。
  • 赤堤通りと東側道路側に歩道状空地と緑地帯の整備を行うことで、良好な景観を形成します。
  • 計画地西側に公園を、計画地中央部に広場を整備することで、多様な交流の場を創出します。

区複合棟

  • 計画地西側と北側の隣地から距離をとって、建物を配置し、建物壁面を階段状にセットバックすることで隣接地の住環境に配慮します。
  • ガスコージェネレーションシステムを採用するとともに、地中熱利用設備の導入に向けて施設整備しながら、環境負荷を低減することに努めます。

民間施設棟

  • 外壁周囲にバルコニーと縦ルーバーを設置し、建物のボリュームを細分化、軽減し、周辺環境との調和を図ります。

緑化計画について

全体計画

  • 屋上緑化やバルコニーの緑化に取り組むとともに、区のみどりの基本条例に基づく緑化基準に5%をプラスし、みどり豊かな環境を創出します。
  • 樹木医診断結果を踏まえ、既存樹木の移植や新たな植樹を行い、環境保全に取り組みます。

その他の取組みについて

全体計画

  • 松原バス停を梅ヶ丘拠点施設の前に移設し、バスベイを整備することで、安全性と利便性の向上に努めます。
  • 点字ブロックや手摺り設置・音声誘導・緊急時の情報提供など、ユニバーサルデザイン(UD)の理念に配慮した計画とするとともに、誰でも安心して利用できる施設づくりに取り組みます。

民間施設棟

  • 斎藤茂吉の碑を民間施設棟の敷地北西側に移設し、土地の歴史資源として保全します。

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ先

梅ヶ丘拠点整備担当部 梅ヶ丘拠点整備担当課

電話番号03-5432-2939

ファクシミリ03-5432-3017

トップページへ戻る

このページのトップへ