こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の観光、問い合わせ・よくある質問

世田谷区保健福祉サービス苦情審査会

更新日:平成30年10月18日

ページ番号:0015396

保健福祉サービス苦情審査会制度

苦情審査会制度苦情審査会制度の流れ

今、受けている保健福祉サービスに不満がある。申請が受理されないが、その理由に納得がいかない。このようなとき、苦情を申立てることができます。保健・医療・福祉・法律等の分野5人の外部委員で構成される苦情審査会が中立公正の立場で審査し、区長へ意見を述べます。区長は審査会の意見を尊重してサービス等の改善に努めます。

(1)申立てできる苦情

次の1、2の要件を満たすことが必要です。

  1. 区が行う保健福祉サービスや介護保険サービス、障害福祉等サービス、子ども・子育てサービスであること。
  2. 本人への、個別のサービスの適用または提供に関する苦情であること。

(注意)個別のサービスの適用または提供とは、個人を特定して個別具体的に行われる給付や決定などを指します。

〈例えば〉

  • 保健福祉サービス
    保育園の入園・各種健康診査・入浴券の支給など
  • 介護保険サービス
    ケアプラン・ホームヘルパー派遣・特別養護老人ホームでの待遇など
  • 障害福祉等サービス
    短期入所(ショートステイ)・日常生活用具の給付・貸与・移動支援など

(2)苦情申立てができる人

  1. 現在、サービスを利用している本人、または、申請をしても利用できなかった本人
  2. 1の家族の方
  3. 民生委員・児童委員の方など

(3)申立てできない苦情

この制度により既に苦情の審査が終わっているものや、保健福祉サービスの個別の適用・提供以外のサービスに関する苦情などは、申立てできません。

〈例えば〉

本人のサービスに結びつかない制度改善、要望(介護保険の保険料を20歳から徴収など)・近所の騒音・職員の接遇態度・介護保険の要介護認定、保険料について・行政不服申立て中、裁判中の苦情など

(4)申立て方法

申立ては、苦情審査会事務局(調整・指導課)で受付けます。郵送による苦情申立ても可能です。

(注意)申立ての前に必ずお住まいの地域の総合支所か苦情審査会事務局(調整・指導課)にお問い合わせください。

(5)苦情審査会の運営状況

苦情審査会の運営状況は、世田谷区地域保健福祉推進条例に基づき、世田谷区地域保健福祉審議会に報告しています。

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ先

調整・指導課 サービス向上担当

電話番号03-5432-2605

ファクシミリ03-5432-3017

トップページへ戻る

このページのトップへ