こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の観光、問い合わせ・よくある質問

食品衛生法が改正され、HACCPに沿った衛生管理が制度化されます

更新日:平成30年8月8日

ページ番号:0161157

食品衛生法が改正されました

   平成30年6月、食品衛生法が改正されました。

改正の概要

1.広域的な食中毒事案への対策強化

2.HACCPに沿った衛生管理の制度化

3.特別な注意を必要とする成分等を含む食品による健康被害情報の収集

4.国際整合的な食品用器具・容器包装の衛生規制の整備

5.営業許可制度の見直し、営業届出制度の創設

6.食品リコール情報の報告制度の創設

7.その他(輸入、輸出関係)

*製造工程中の重要な段階を連続的に監視することによって、最終製品の安全性を担保するシステム。先進国を中心に義務化が進められている。

HACCPに沿った衛生管理が制度化されます

  原則として、すべての食品等事業者は、一般衛生管理に加え、HACCPに沿った衛生管理の実施が求められます。ただし、小規模事業者や一定の業種については、「取扱う食品の特性に応じた取組」とします。

 「取扱う食品の特性に応じた取組」では、各業界団体が作成する手引書を参考に、簡略化されたアプローチによる衛生管理を行います。この手引書では、衛生管理方法のほか、計画の記載例や記録例が示されます。手引書は、厚生労働省のホームページでも公表されますので、衛生管理の参考にしてください。

このページについてのお問い合わせ先

世田谷保健所 生活保健課 食品衛生企画

電話番号03-5432-2911

ファクシミリ03-5432-3054

トップページへ戻る

このページのトップへ