こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の観光、問い合わせ・よくある質問

高病原性鳥インフルエンザについて

更新日:平成30年2月5日

ページ番号:0032925

東京都内で回収された死亡野鳥における鳥インフルエンザについて

平成30年2月5日に環境省等から、東京都大田区の死亡野鳥において、高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを受けて指定していた野鳥監視重点区域について、当該区域の監視において異常は認められていないことを踏まえ、2月4日24時に解除を行ったと発表がありました。

全国での野鳥対応については、継続して監視体制の強化を行っています。

環境省「高病原性鳥インフルエンザに関する情報」ページ新しいウィンドウが開きます)

世田谷区では今後も国などからの情報を収集し、区民の皆様への情報提供に努めてまいります。

鳥インフルエンザウイルスの人への感染について

鳥インフルエンザウイルスは、感染した鳥との濃密な接触等の特殊な場合を除いて、通常では人に感染しないと考えられています。日常生活においては過度に心配する必要はありません。

死亡した野鳥を見つけたら

野鳥は餌が採れずに衰弱したり、環境の変化に耐えられないなどさまざまな原因で死亡します。野鳥が死んでいても、鳥インフルエンザを直ちに疑う必要はありません。

  1. 死亡した野鳥は素手で触らないでください。
    体内や羽毛などに細菌や寄生虫などの病原体があることがあります。
  2. 野鳥の死がいや排泄物に触れたときは、必ず手洗いとうがいを励行してください。

死亡した野鳥の回収作業に関するご連絡は、死亡野鳥のある場所により連絡先が異なります。当ページ「世田谷区内で死亡野鳥を発見した場合の連絡先一覧」をご確認いただきご連絡ください。

弱った野鳥を見つけたら

野鳥はさまざまな原因で具合が悪くなったり、ケガをする場合があります。野鳥が弱っていても、鳥インフルエンザを直ちに疑う必要はありません。

  1. 弱った野鳥を無理に捕まえたり保護しようとしたりせずにしばらく様子を見てください。
  2. 出血している、羽が折れている、うずくまって震えているなどの場合(但し、カラス・ハト・野鳥のヒナ全般を除く) は保護・治療が必要になってきます。
    「東京都環境局自然環境部計画課鳥獣保護管理担当 (電話番号:03-5388-3505)」にご相談ください。

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ先

世田谷保健所 生活保健課 生活保健

電話番号03-5432-2908

ファクシミリ03-5432-3054

トップページへ戻る

このページのトップへ