こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の観光、問い合わせ・よくある質問

お子さまの予防接種について

更新日:平成30年4月1日

ページ番号:0010996

世田谷区では予防接種法に基づく定期予防接種を行なっています。対象者の方には、下記の時期にお知らせと接種予診票をお送りします。
 お知らせの内容や、「予防接種のご案内」(下記の添付ファイルのダウンロード)をよくお読みのうえ接種をお願いします。英語版の「予防接種のご案内(英語版・English)」もご用意しています。

転入された方につきましては、世田谷区の接種予診票を発行しますので世田谷保健所感染症対策課又は各総合支所健康づくり課までご連絡ください。

下記の添付ファイル「予防接種スケジュール」では、それぞれの予防接種の望ましい接種時期の例などを示しています。受けた予防接種のチェック欄もありますので、スケジュール管理に役立ててください。実際に接種する予防接種とスケジュールについては、かかりつけ医などと相談しましょう。

予防接種の種類と通知の時期

予防接種の種類 対象年齢

接種回数

通知時期
ヒブ(Hib) 生後2か月~4歳11か月 4回 生後1か月になった月の月末
小児の肺炎球菌 生後2か月~4歳11か月 4回 生後1か月になった月の月末
B型肝炎
生後11か月まで 1回 生後1か月になった月の月末

四種混合

(ジフテリア・百日咳・

破傷風・ポリオ)

生後3か月~7歳5ヶ月

【初回】

3回

【追加】

1回

【初回】

生後2か月になった月の月末

【追加】

1歳4か月になった月の月末

BCG 生後11か月まで 1回 生後4か月になった月の月末

麻しん風しん混合

(MR)

【1期】

1歳~1歳11か月

【2期】

小学校入学前年の4月1日から入学する年の3月31日まで

【1期】

1回

【2期】

1回

【1期】

生後11か月になった月の月末

【2期】

小学校に入学する1年前の3月末

水痘 1歳~2歳11か月 2回 生後11か月になった月の月末
日本脳炎

【初回】

生後6ヶ月~7歳5か月

【追加】

生後6ヶ月~7歳5か月

【2期】

9歳~12歳11か月

【初回】

2回

【追加】

1回

【2期】

1回

【初回】

2歳11か月になった月の月末

【追加】

3歳11か月になった月の月末

【2期】

8歳11か月になった月の月末

二種混合 11歳~12歳11か月 1回 10歳11か月になった月の月末

子宮頸がん

(ヒトパピローマウイルス感染症)

小学6年生~高校1年生相当年齢 3回

平成25年6月より積極的勧奨差し控えています。

 各予防接種の英語版の説明が必要な方は、関連リンク「公益財団法人 予防接種リサーチセンター」をご参照ください。

世田谷区では、上記の定期予防接種以外に、以下の任意接種に対する公費負担等を実施しています。

予防接種の実施場所

23区・狛江市・調布市・三鷹市の指定医療機関にて実施します。(世田谷区内の医療機関名簿を通知と同封いたします。世田谷区外の医療機関については、その医療機関または各区市の予防接種担当にご確認願います。)

世田谷区の指定医療機関は、下記の添付ファイル「定期予防接種実施医療機関名簿」、「ヒブ・小児用肺炎球菌・B型肝炎実施医療機関名簿」をご確認ください。記載内容については、変更になることがあります。予防接種を行う際は、事前に実施医療機関へご確認ください。

※BCGについては、23区内及び調布市の指定医療機関に限ります。

上記以外で予防接種を希望される場合

予防接種の費用

上記の実施場所に、お送りした接種予診票を持参していただき接種をする場合は無料です。

それ以外の医療機関にて接種される場合は、有料となりますのでご注意ください。

ただし、事情によっては予防接種費用助成制度が利用できることがあります。詳しくは予防接種費用助成制度をご覧ください。

※母子健康手帳を持参しないと予防接種歴がわからないため、予防接種が受けられないことがあります。

予防接種による健康被害救済制度について

定期予防接種によって引き起こされた副反応により、生活に支障が出るような障害を残すなどの健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく給付を受けることができます。健康被害の程度等に応じて、医療費、医療手当、障害児養育年金、障害年金、死亡一時金、葬祭料の区分があり、法律で定められた金額が支給されます。

※予防接種後に高熱やけいれん等の症状があった場合や、給付申請の必要が生じた場合は、すみやかに医師の診察を受け、下記問い合わせ先までお知らせください。
 

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ先

世田谷保健所 感染症対策課

電話番号03-5432-2437

ファクシミリ03-5432-3022

トップページへ戻る

このページのトップへ