こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の観光、問い合わせ・よくある質問

胃がんリスク(ABC)検査

更新日:平成30年4月1日

ページ番号:0145021

 世田谷区では平成28年度から、胃がんリスク(ABC)検査を実施しています。

胃がんリスク(ABC)検査は、ピロリ菌感染の有無を調べる検査(ピロリ菌抗体検査)と、胃粘膜の萎縮の状態を調べる検査(ペプシノゲン検査)で、将来胃がんになりやすいかどうかを判定する採血検査です。

(注意)この検査は、胃がんのなりやすさを判定するものであり、胃がんかどうかを調べる「胃がん検診」ではありません。

胃がんリスク(ABC)検査のご案内

 対象

40・45・50・60・70歳の世田谷区民の方。

  • 世田谷区が行う検診を受けられるのは生涯に1度となります。
  • 対象年齢は、平成30年4月1日~平成31年3月31日の間に迎える年齢(平成31年3月31日時点での年齢)をさしています。            

平成30年度に胃がんリスク(ABC)検査の対象となる方へ、受診票を送付します。

  • 世田谷区の特定健診等と同時に受診できる方は、特定健診等のご案内の封筒に同封します。
  • それ以外の方へは、平成30年の7月~8月頃に受診票をお送りします。

《対象外の方》

  •  現在、食道・胃・十二指腸疾患で治療している方(胃潰瘍、逆流性食道炎等でプロトンポンプ阻害薬を服用中または、2か月以内に服用した者を含む)。
  • 胃を切除している方
  • 明らかな腎不全、もしくは透析中の方
  • 過去にピロリ菌の検査を受け、除菌治療を受けた方、受けている方
  • 胃痛等、明らかな上部消化器の自覚症状がある方

自己負担金

800円

自己負担金は、受診の際に実施医療機関へお支払いください。

次の方は自己負担が無料になります。

  • 生活保護等受給中の方
  • 平成29年度住民税非課税世帯の方(平成28年分所得について、世帯全員が非課税の場合)

詳細は下記リンク先をご参照ください。

  「住民税非課税世帯の方は、がん検診が無料で受けられます!」

受診期限

平成31年3月31日

受診場所

実施医療機関 

下記の実施医療機関名簿(添付ファイル)をご参照ください。

(注意)世田谷区が発行する胃がんリスク(ABC)検査の受診票を区内の実施医療機関に持参して受診してください。

検査方法

問診と採血によるヘリコバクター・ピロリ抗体検査及びペプシノゲン検査 

(補足)特定健診等と同時に受けると、採血が1度で済みます。

申込方法・申込先

    過去に区の胃がんリスク(ABC)検査を受けたことがない対象年齢の方で、受診票がない方は世田谷保健所健康推進課へお申し込みください。

下記のA、Bいずれかの方法で受診してください(Aで受診できる場合は、なるべくAで受診してください)。

 A 特定健診等と同時に受診

受診票に必要事項を記入のうえ、特定健診等を受診する際に併せて実施医療機関で受診してください。

(注意)同時受診希望の方は特定健診等の受診票と胃がんリスク(ABC)検査の受診票の2種類の受診票をご用意ください

詳しくは、実施医療機関の窓口でご確認ください。 

B 特定健診等とは別に受診 

電話またはハガキ、FAXで世田谷保健所健康推進課へお申し込みください

電話

世田谷保健所健康推進課 03-5432-2447

ハガキ

世田谷保健所健康推進課  〒154-8504 世田谷区世田谷4-22-35

[1] 胃がんリスク(ABC)検査希望 [2] 住所 [3] 氏名(ふりがな) [4] 生年月日 [5] 電話番号を明記してお申し込みください。
 内容を確認後、胃がんリスク(ABC)検査受診票等をお送りします。

FAX

世田谷保健所健康推進課 03-5432-3022

[1] 胃がんリスク(ABC)検査希望 [2] 住所 [3] 氏名(ふりがな) [4] 生年月日 [5] 電話番号を明記してお申し込みください。
 内容を確認後、胃がんリスク(ABC)検査受診票等をお送りします。

インターネット

せたがやホームページ内の『電子申請』からもお申し込みいただけます。

電子申請のページ 

 受診後のお願い

  • 検査の結果、「要精密検査」の判定となった場合は、保険診療による精密検査(胃内視鏡検査等)を受診してください。ピロリ菌に感染している場合は除菌治療が必要です。
  • 「異常なし」の判定となった場合は、現時点では胃がんになるリスクは低いと判断されますが、定期的に胃がん検診を受診しましょう。また、胃炎等の症状がある場合はかかりつけ医等にご相談ください。
  • 胃がんリスク検査で要精密検査となった場合、精密検査の代わりに区の胃がん(内視鏡)検診を受診することはできません。

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ先

世田谷保健所 健康推進課

電話番号03-5432-2447

ファクシミリ03-5432-3022

トップページへ戻る

このページのトップへ