こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の観光、問い合わせ・よくある質問

梅ヶ丘拠点民間施設棟障害者入所施設(東京リハビリテーションセンター世田谷 障害者施設梅ヶ丘) 令和元年度中の入所希望者の募集を行います

更新日:令和元年5月1日

ページ番号:0158416

 梅ヶ丘拠点民間施設棟障害者入所施設(東京リハビリテーションセンター世田谷 障害者施設梅ヶ丘) (以下、施設という。)への令和元年度中の入所について、以下のとおりに募集を行います。詳しくは、添付ファイル「令和元年度梅ヶ丘拠点民間施設棟障害者支援施設(東京リハビリテーションセンター世田谷 障害者支援施設梅ヶ丘)入所希望者の募集について」をご覧ください。

募集概要

(1)募集事業

障害者総合支援法に規定される「施設入所支援」

(2)所在地 

世田谷区松原六丁目37-1

(3)募集内容

令和元年度中に施設に空きが生じた場合に備え、同年度中の入所希望者の募集を行います。なお、新規入所者は、空きが生じたユニットや退所となった方の性別や障害の特性等を考慮し、新規入所者が決定されます。新規入所候補者となりましたら、改めて、施設の運営法人よりご連絡させていただきます。※令和元年度中、施設に空き室が出ない場合もございますので、予めご了承ください。

(4)利用要件

 以下の全てを満たすこと要件がとなります。

◎障害の種別を問わず、障害支援区分が4以上の方(50歳以上は区分3以上)

※障害支援区分が4以上(50歳以上は区分3以上)を満たさない方については、障害者総合支援法のサービスを決定している区市町村に事前にご相談ください。

◎施設に入所し、日中同施設内の生活介護の利用を希望する方

◎入所後3年以内の地域移行の実現にむけ、入所中に地域移行に向けた取り組みを行う意思のある方

お申込み方法等

  (1)お申込み方法

世田谷区役所にお申込みいただきます。窓口はお住まいの地域を担当する各総合支所保健福祉課となります。

●世田谷総合支所保健福祉課 世田谷4-22―33 電話番号:5432-2865 

●北沢総合支所保健福祉課  北沢2-8-18   電話番号:6804-8727

●玉川総合支所保健福祉課  玉川1-20-21  電話番号:3702-2092

●砧総合支所保健福祉課   成城6-2-1    電話番号:3482-8198

●烏山総合支所保健福祉課  南烏山6-22-14 電話番号:3326-6115

※申し込み時点で、障害者総合支援法のサービスの決定が世田谷区以外の区市町村である方は、障害者地域 生活課も含め、上記のお近くの窓口にお申込ください。(入所の決定にあたっては、申し込み時点で、世田谷区が障害者総合支援法のサービスを決定している方を優先させていただきます。)

 (3)受付期間

令和元年度中、通年でお申し込みを受け付けます。

※土日・祝祭日を除く平日8時30分~17時

(4)提出書類

添付「入所意向調査書作成にあたってのご案内」をご確認いただき、 「令和元年度入所意向調査書」をご記入のうえ、上記の申込み先にご提出ください。

入所者決定までの流れ

   (1)入所者決定までの基本的な流れ

「令和元年度入所意向調査書」をご提出いただいた方は、令和元年度中施設に空き室が生じた場合、空き室が生じた月の前月までに、区に入所意向調査書を申込みいただいている方の中から、新規入所者を決定します。

新規入所者は、空き室となった居室のユニットや、退所となった方の性別や障害の特性等をふまえて、その都度、区と協議し決定いたします。そのため、申込みいただいた段階では、順位等はございません。

<入所決定までの流れ(イメージ)> 

 ○区へ「意向調査書」の提出 

 ○施設より面談の連絡・面談の実施 

 ○令和元年度中施設に空き室が発生

  ⇒空き室となった居室のユニットや、退所となった方の性別や障害の特性等をふまえて、新規入所候補者が決定

 ○新規入所候補者となった場合改めて施設より連絡 

 ○入所の決定 

(2)施設開設時の特例

 施設開設時に限り、平成31年4月から令和元年6月の間に空き室が生じた場合でも、令和元年7月から新規入所者を決定させていただきます

このページについてのお問い合わせ先

障害福祉部 障害者地域生活課

電話番号03-5432-2418

ファクシミリ03-5432-3021

トップページへ戻る

このページのトップへ