こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の魅力、問い合わせ・よくある質問

せたがやノーマライゼーションプラン「はじめに」

更新日:平成29年4月4日

ページ番号:0014994

はじめに

世田谷区は、平成7年度に策定した「せたがやノーマライゼーションプラン」が10年間の計画期間を終了することに伴い、新たな計画の策定に取り組んできました。

この間、平成15年に施行された支援費制度により、障害福祉サービスの提供は「行政の措置」から「利用者自身による選択」へと転換されました。その後、サービス利用者の急増などによる制度の見直しを契機に、障害者自立支援法が平成17年10月に成立し、わが国の障害者(児)施策はさらに大きな転換期を迎えています。

このような大きな変革の中で、区としての今後10年の方向性を定めることは、見通しの難しいものでした。しかし、区民各位からも幅広く意見を伺い、区民に最も身近な基礎的自治体として、区内に住まう障害者(児)が地域でいきいきと暮らしていくための支援の方策を検討し、このたび、新たな「せたがやノーマライゼーションプラン」をとりまとめました。

本計画は、「安心して地域で自立した生活を継続できる社会の実現」を基本理念として、幼児期から成人期まで一貫した地域生活の支援と、実現に向けた区民・事業者・区の連携協働の仕組みづくりに取り組むものです。

区といたしましては、国のさらなる障害者(児)施策の見直しなどの動向に引き続き注意を払いつつ、誰もが安心して生活できる地域社会をめざして総合的に施策を推進してまいります。

最後に、計画の策定にあたり、貴重なご意見、ご提言をいただきました区民の皆様をはじめ、地域保健福祉審議会委員、障害者施策推進協議会委員、区議会議員など、関係の皆様に厚くお礼申し上げます。

平成18年3月

世田谷区長 熊本 哲之

このページにはオープンデータを掲載しています

このページに掲載している添付ファイルは、オープンデータとして使用可能です。

なお、世田谷区では、本区が公開するオープンデータの利用に際して遵守すべき事項をまとめた世田谷区オープンデータ利用規約を定めており、本区のオープンデータのご利用をもって、当該規約の内容を承諾いただいたものとみなします。当該規約の内容は必要に応じて事前の予告なしに変更することがありますので、ご利用に際しては、最新の内容をご確認ください。

オープンデータせたがやのロゴ

ライセンスの取扱い

本サイトで公開しているオープンデータは、クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス 表示 2.1

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス表示2.1のホームページ新しいウィンドウが開きます)

当ライセンスは、上記対象データのみに適用されますので、それ以外のデータについては、当区ホームページにおける著作権の取り扱い(著作権・リンク・免責事項)に準じてください。

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ先

障害施策推進課 計画担当

電話番号03-5432-2958

ファクシミリ03-5432-3021

トップページへ戻る

このページのトップへ