こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の魅力、問い合わせ・よくある質問

区立学校等の放射線量測定結果について

更新日:平成27年9月7日

ページ番号:0034898

放射線量の全校・全園測定について

世田谷区では、区で購入した測定器により、全区立小学校・中学校、幼稚園で放射線量測定を行っております。

結果については、下記「放射線量測定結果」をダウンロードください。

測定器

HORIBA PA1000 Radi(シンチレーション式)

測定場所

校(園)庭中央付近及び砂場

測定方法

連続する5分間の平均値(スイッチを入れてから、2分後、3分後、4分後、5分後、6分後に表示される各1分間数値の平均を小数点第4位で四捨五入)

測定位置

地表から5センチメートル、50センチメートル、100センチメートルの放射線量を測定

(参考)放射線量について

国際放射線防護委員会(ICRP)が、一般の人が受ける放射線量として、平常時、年間1ミリシーベルト以下という指標を示しています。この指標には、もともと自然界から受ける自然放射線量を含めないこととしています。つまり、放射線量を考える場合、実際に測定した数値から自然界にある放射線量を除いて、年間1ミリシーベルト以下であるかがひとつの指標になります。

(注意)
これは、一般の人が受ける放射線量をなるべく低く抑えようとするための指標であり、健康に影響を及ぼすか否かを示す基準ではありません。

1年間の積算線量の推計

国の原子力安全委員会で採用している方法を参考にして、1年間の積算線量を推計します。

計算式

(測定結果-自然放射線量)×(24分の16×0.4+24分の8×1)×24時間×365日

条件

  1. 自然放射線量は全国平均で毎時0.04マイクロシーベルト
  2. 屋外に8時間、木造家屋内に16時間いると仮定
  3. 木造家屋内滞在(16時間)における低減効果(係数0.4)

(補足)
例えば毎時0.111マイクロシーベルトの測定値の場合、1年間の積算線量は約0.4ミリシーベルトとなります。

このページにはオープンデータを掲載しています

このページに掲載している添付ファイルは、オープンデータとして使用可能です。

なお、世田谷区では、本区が公開するオープンデータの利用に際して遵守すべき事項をまとめた世田谷区オープンデータ利用規約を定めており、本区のオープンデータのご利用をもって、当該規約の内容を承諾いただいたものとみなします。当該規約の内容は必要に応じて事前の予告なしに変更することがありますので、ご利用に際しては、最新の内容をご確認ください。

オープンデータせたがやのロゴ

ライセンスの取扱い

本サイトで公開しているオープンデータは、クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス 表示 2.1

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス表示2.1のホームページ新しいウィンドウが開きます)

当ライセンスは、上記対象データのみに適用されますので、それ以外のデータについては、当区ホームページにおける著作権の取り扱い(著作権・リンク・免責事項)に準じてください。

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ先

教育委員会事務局 教育環境課

電話番号03-5432-2667

ファクシミリ03-5432-3028

トップページへ戻る

このページのトップへ