こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の魅力、問い合わせ・よくある質問

火山災害に備えて

更新日:平成27年6月24日

ページ番号:0140563

世田谷区に影響を及ぼす活火山には、富士山等があります。

富士山等が噴火した場合には、火山灰等による影響が出る可能性がありますので、お知らせします。 

 火山噴火に関する気象情報

 火山噴火に関する情報は、下記気象庁ホームページで取得することができます。

火山噴火による火山灰の影響

  火山灰の降灰により、健康や日常生活へ影響がでる場合があります。

  国立研究開発法人 防災科学技術研究所 火山灰による健康被害新しいウィンドウが開きます)参照。

健康への影響

 ・鼻水やのどの痛みやせきなど、呼吸器系への影響

 ・目の痛みやかゆみなど、目の症状

 ・皮膚の痛みや腫れなど、皮膚への刺激

日常生活への影響

 ・雨水を含んで固まった火山灰による家屋等への被害

 ・視界が悪くなることや、道路等が滑りやすくなることによる交通事故発生の恐れ

 ・電子機器への被害 

火山が噴火した時の当面の対応

 正しい情報をテレビやラジオ等で収集し、対応しましょう。 世田谷区では、区ホームページ、災害・防犯情報メール配信サービス、ツイッター等で、みなさまに情報をお伝えします。

 また、国立研究開発法人 防災科学技術研究所 火山灰による健康被害新しいウィンドウが開きます)参照 。

 ・できるだけ外出を控えましょう。

 ・防塵マスクをして、火山灰を吸い込まないようにしましょう。

 ・コンタクトレンズははずし、ゴーグルや眼鏡を使いましょう。

 ・長袖・長ズボンを着て、皮膚を守りましょう。

 ・降灰により滑りやすくなるので、自動車や自転車の運転には気をつけましょう。

 ・建物の中に火山灰が入らないよう、入室前に衣服等の灰をはらい、また、全てのドアと窓を閉めておきましょう。

火山灰の収集について

 ・家屋等に積もった火山灰は収集し、レジ袋を二重にして入れておきましょう。

 (世田谷区からお知らせがあるまでは、収集した火山灰を各家庭で保管しておいてください。)

このページについてのお問い合わせ先

危機管理室 災害対策課

電話番号03-5432-2262

ファクシミリ03-5432-3014

トップページへ戻る

このページのトップへ