こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の魅力、問い合わせ・よくある質問

野川・仙川洪水予報の運用が開始されます

更新日:平成27年3月27日

ページ番号:0138791

平成27年3月30日より、野川・仙川が洪水予報河川に指定されます。

氾濫のおそれがある場合に、東京都と気象庁が共同で洪水予報「氾濫危険情報」を発表します。

野川・仙川洪水予報とは

野川・仙川洪水予報は、東京都と気象庁が共同で発表する防災情報です。

河川が氾濫するおそれがある場合、気象庁の1時間先までの雨量予測をもとに東京都が水位の変動を予測し、東京都と気象庁が共同で「氾濫危険情報」を発表します。

氾濫危険情報が発表されたら

大雨により、野川・仙川では急に水位が上昇し、短時間で河川が氾濫するおそれがあります。

気象情報には十分注意をし、雨が降ってきたら河川に近づかず、氾濫危険情報が発表されたら速やかに身の安全を確保してください。

二階へ避難   土のう積み   ご近所同士声かけ

情報の収集について

洪水予報は、テレビやラジオを通じて周知され、下記リンク先の東京都、気象庁のホームページでも発表中の洪水予報を確認することができます。 また、発表された場合は、区のホームページ、メール配信サービス等 でもお知らせします。

(※メール配信サービスについてはこちら世田谷区災害・防犯情報メール配信サービス をご覧ください。なお、野川・仙川の洪水予報に関するメール配信は、7月頃より運用開始予定です。)

区から避難を呼びかける場合には、防災無線塔のスピーカーや広報車などでお知らせします。

日頃からの備えについて

区では、洪水ハザードマップを作成し、出張所やまちづくりセンターに置いています。日ごろからご自宅やご近所の浸水リスクについて確認するためご活用ください。

 また、区では土木管理事務所で土のうを配布したり、必要に応じていつでも土のうを持ち出せるよう土のうステーションを設置しています。事前に土のうを用意し、各家庭で保管して活用してください。

洪水ハザードマップ、土のうステーションについては、下記リンク先からもご確認できます。

このページについてのお問い合わせ先

危機管理室 災害対策課

電話番号03-5432-2262

ファクシミリ03-5432-3014

トップページへ戻る

このページのトップへ