こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の魅力、問い合わせ・よくある質問

電気火災への対策をしましょう

更新日:平成28年4月15日

ページ番号:0130481

電気火災への対策をしましょう。

コンセント配線

 

電気火災をふせぐには

 電気火災をふせぐには地震を感知して自動的に電源を切る感震ブレーカーを設置する場合には、避難上重要な照明器具などの電源が確保されるかどうかを確認しましょう。(どのような時にどの電源が遮断されるのか把握しておく必要があります。)電気機器は、どのような安全装置が付いているのか確認してから購入しましょう。

 

普段からの出火防止対策

 日常生活に欠かせない電気も、地震時においては出火要因になりうるものであるため、出火防止対策を十分に講ずる必要があります。

 そのためには、常日頃から(1)に示すようなことに注意を払う習慣を身につけることが大切であるとともに、(2)や(3)に示す対策を適宜選択して出火防止に努める必要があります。

(1) 適切な出火防止行動の実施

ア 日常において注意すべき点

 電気機器の正しい使用、不要な電気機器の電源プラグを抜く、適切な設置場所・方法の選定、可燃物・落下物に対する配慮、分電盤の位置把握

イ 地震時に注意すべき点

 使用中の電気機器の電源を切る、避難時等の分電盤遮断、電気機器の地震後使用に当たってのガス漏れや電源コード器具の安全確認

(2) 電気の供給を建築物内に入るところで断つシステム

 一般家庭においては、過大な電流が流れた場合には、安全ブレーカーによって電気が遮断されます。

 この他に、漏電ブレーカー、感震ブレーカー、感震コンセント等の採用が地震時における出火防止上有効です。

(3) 個々の電気機器等の安全性を高める対策

 地震時における電気機器等からの出火を防止するために、各種電気機器等の安全装置を紹介するとともに、利用者に気を付けてもらいたい機器毎の出火防止対策を示しました。

 具体的に提案している電気機器等の種類は、電気ストーブ、鑑賞魚用ヒータ、オーブン及びトースター、白熱電球型電気スタンド、電気こんろ、屋内配線、電源コード類です。

 

電気に起因する火災の出火防止対策(総務省消防庁より)

  阪神・淡路大震災では、発火源が「電気による発熱体」と特定できた火災が85件発生していますが、そのうち「移動可能な電熱器」が40件(電気ストーブが19件、鑑賞魚用ヒータが15件)を占めています。ここでは、感震ブレーカーを紹介するとともに、電気ストーブ及び鑑賞魚用ヒータの出火防止対策の概要を紹介します。

灯り

 

感震ブレーカー

 感震ブレーカーの原理は、感震器で検知した地震信号がある設定値以上になった場合に、配線用ブレーカー又は漏電ブレーカー等を遮断する信号を出すものであり、市場に出回っているものは大別すると次のようになりますが、それぞれのタイプ毎に特性があるため、居住者のニーズに合ったものを選ぶ必要があります。

 

1 分電盤タイプ

分電盤に内蔵されたセンサーが揺れを感知し、ブレーカーを落として、住宅内全ての電力供給を遮断するタイプです。

2 コンセントタイプ

コンセントに内蔵されたセンサーが揺れを感知し、当該コンセントからの電力供給のみを遮断するタイプです。個別のコンセントの電気を遮断するため、電気ストーブや鑑賞魚用ヒータなどの電熱器具を接続する箇所への設置が適しています。

3 簡易タイプ

設定値以上の揺れを感知したら、分電盤に取り付けた重りが落下し、感震センサーと連動したバンド等が作動し、住宅内の電力供給を遮断するタイプです。

 

 

電気ストーブ

 阪神・淡路大震災では、使用していなかった電気ストーブの上に多量の物品が落下して通電し火災に至ったと考えられるケースや、通電状態で転倒した場合に電気を切る装置が周辺に散乱した物品で働かずに火災に至ったと考えられるケース等があったことを踏まえ、台等の上から物が落ちてこないようにしたり、電気ストーブ周辺に着火物になりそうなものを置かないように気を付ける他、次に示す安全装置の付いた電気ストーブを用いることが出火防止上有効と言えます。

電気ストーブ

1 電源スイッチは、落下物では通電しないロータリー方式のもの等を選ぶ

2 転倒状態で確実に電源が切れる電気ストーブを選ぶ

 

 

鑑賞魚用ヒータ

  阪神・淡路大震災では、鑑賞魚用ヒーターが空気中に露出してしまい、過熱状態でもサーモスタットが設定温度に達せず出火に至ったと考えられるケースがあったことを踏まえ、水槽を固定する、コンセントを水槽より高くするか遠くに離す、水槽周囲を不燃性のもので造る、水槽周囲に着火物になりそうな物を置かない、決められた方法以外に鑑賞魚用ヒータを使用しない等の利用者側で考えられる出火防止対策を示したほか、出火防止上有効な安全装置を示しました。

1 過熱防止装置付けのものを選ぶ

2 水中でないと通電しないものを選ぶ

消防署ライン消防署ライン 消防署ライン 消防署ライン

※こちらのページは総務省消防庁のHPより抜粋しております。

より詳しい情報を知りたい方はリンク先から総務省消防庁のHPをご覧ください。

このページについてのお問い合わせ先

危機管理室 災害対策課

電話番号03-5432-2262

ファクシミリ03-5432-3014

トップページへ戻る

このページのトップへ