こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の魅力、問い合わせ・よくある質問

学校給食の安全について(牛乳の放射性物質11月検査)

更新日:平成23年11月30日

ページ番号:0036951

牛乳につきましては、安心して飲んでいただくために、平成23年11月22日分の牛乳の放射性物質(ヨウ素131・セシウム134・セシウム137)の検査を実施しました。

今回の検査結果は、定量下限値を基準とした場合「検出せず」となっています。

(注意)
「検出せず」とは、定量下限値(ヨウ素131・セシウム134・セシウム137 20Bq/キログラム)未満であることを示します。この定量下限値については、検査依頼業者において、現時点で食品における最小の暫定規制値である飲料水200Bq/キログラムの10分の1(20Bq/キログラム)レベルに報告書の表示を統一したとの報告を受けています。

なお、検査機関よりサンプルの参考値として、セシウム134 4.7Bq/キログラム、セシウム137 4.7Bq/キログラムとの情報提供を受けています。

さらに、参考値で放射性物質が検出されたため、平成23年11月29日に再検査を実施しており、その結果は、セシウム134 2.8Bq/キログラム、セシウム137 4.0Bq/キログラムとなっています。

これらの数値は暫定規制値以下であり、極めて微量であることから健康に影響を及ぼすものではありませんが、当面の間、念のため定期的に牛乳の検査を実施します。また、区としてより安全な牛乳の提供を製造業者に要望していきます。

平成23年11月30日に再度検査を実施しました。検査の結果、セシウム134・137ともに「検出せず」(検出限界0.6Bq/キログラム)となっています。

  • 分析方法 γ線スペクトロメーター(ゲルマニウム半導体検出器)法
  • 試験依頼先 財団法人日本食品分析センター(平成23年11月22日分)
    いであ株式会社(平成23年11月29日分・30日分)
公表結果                                     定量下限 20Bq/キログラム
採取日 検査品目 ヨウ素131 セシウム134 セシウム137
平成23年11月22日 牛乳 検出せず 検出せず 検出せず
【参考】原子力安全委員会が定めた飲食物摂取制限に関する指標 牛乳 300Bq/キログラム 200Bq/キログラム 200Bq/キログラム

このページについてのお問い合わせ先

学校健康推進課

電話番号03-5432-2698

ファクシミリ03-5432-3029

トップページへ戻る

このページのトップへ