こちらは東京都世田谷区のホームページです。音声で読み上げる、サイトマップ、携帯サイト、外国人の方へ、文字サイズを変える、標準、拡大、画面と文字の色を変える、白地に黒、黒地に白、青地に黄色、ふりがな、検索する言葉を入力、検索ボタン、検索の注意、もくじ、ホーム、くらしのガイド、お知らせ、イベント、施設、世田谷の観光、問い合わせ・よくある質問

世田谷区立小・中学校の教員公募募集要項

更新日:平成30年10月1日

ページ番号:0162120

平成30年10月1日より東京都公立小中学校教員公募の申込みが始まりました。

世田谷区立小・中学校の教員公募募集要項は以下のとおりです。

趣旨

世田谷区教育委員会は、本区の教育施策に関心をもつとともに、その具現化に意欲のある指導力豊かな教員を募集します。

実施する公募

  1. 公立小中学校に向けたコミュニティ・スクール教員公募
  2. 東京都区市町村立小・中学校の主幹教諭・主任教諭公募
  3. 特別支援学級教員公募

応募の要件

  1.   平成31年3月31日現在、都内公立小中学校に勤務する教員で、現任校に3年以上勤務している者を対象とする。(主幹教諭については、主幹教諭として現任校に3年以上勤務している者を対象とする。主任教諭は、教諭としての勤務年数を合算することができる。)
  2.  対象地区の教育施策、対象学校の特色ある学校づくりを理解し、高い関心や意欲のある者を対象とする。
  3.  公立小中学校教員を対象とした他の公募に重複して応募することはできない。
  4.  定期異動実施要綱の「第5 異動の方法 1異動地域の指定・ステージ制の活用」に照らし、異なる3つの地域を経験していない者、若しくは2つのステージを経験していない者は、経験のある地域に含まれる地区には応募することはできない。
  5.  教育管理職及び教育管理職候補者・教育管理職選考受験者は応募できない。
  6.  4級職選考受験者(現在主幹教諭で指導教諭を受験している者も含む)は公募に応募することはできない。また、主任教諭選考受験者は主幹・主任教諭公募に応募することはできない。
  7.  平成30年10月1日現在休職中の者または育児休業中の者は応募することができない。
  8.  平成30年度在外教育施設派遣期間中の者、東京都との人事交流協定書により国立大学法人の附属学校等に勤務する者は応募することができない。
  9.  コミュニティ・スクール教員公募については、新規採用後1回目の異動に該当する者は応募の対象とならない。
  10.  所属長および所属する教育委員会の推薦を得られた者を対象とする。ただし、必異動対象教員(現任校で、実勤務年数6年以上の者)については、推薦がなくても応募できる。(提出先は所属長とする。)

各コミュニティ・スクール(地域運営学校)の特色及び求める教員像

下記添付ファイル「コミュニティ・スクール教員公募」を御覧ください。

募集人数

下記添付ファイル「募集人数・教科・選考方法」を御覧ください。

詳細については、下記担当まで御連絡ください。

 応募の手続き

  1. 校内での指定期日までに、下記添付ファイル「応募用紙(都様式)」を所属校の校長に提出してください。  (都様式は、校長から所属の地区教育委員会に提出してください)
  2. 平成30年10月18日(木曜日)までに、下記添付ファイル「応募用紙(区様式)」を、下記申込先まで郵送で御提出ください。「応募用紙(都様式)」の提出は、世田谷区教育委員会への提出は不要です。 所属校の校長から所属の地区教育委員会に提出してください。「応募用紙(都様式)」の提出日は所属校に確認してください。
  • 【応募用紙(区様式)の申込先】

〒154-8504 東京都世田谷区世田谷4丁目21番27号

世田谷区教育委員会 教育指導課 人事係  教員公募担当

選考の方法等  

  1. 一次選考  書類審査
  2. 二次選考  面接 11月17日(土曜日)~11月22日(木曜日)(予定)
  • 書類審査に合格した方にのみ、面接日時や場所等を所属する教育委員会を通して通知します。

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ先

教育指導課人事係

電話番号03-5432-2708~2709

ファクシミリ03-5432-3041

トップページへ戻る

このページのトップへ